イダテンカジカ

イダテンカジカの生物写真

体長10cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキカジカ亜目カジカ科イダテンカジカ属
外国名
Idatenkajika
学名
Ocynectes maschalis Jordan and Starks, 1904
漢字・由来
漢字 韋駄天杜父魚、韋駄天鰍
由来・語源 田中茂穂の命名。「韋駄天」とは仏教を守護する蒋のひとつ。早く走れる神として「韋駄天走り」などの言葉がある。そこから磯などで素早く逃げ回る本種につけたのではないか?
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。潮間帯の潮だまり、浅い岩礁地帯。
北海道日本海沿岸、新潟県佐渡〜九州北西岸、青森県津軽海峡〜宮城県沿岸、茨城県〜高知県の太平洋沿岸。朝鮮半島南岸、サハリン西岸・南東岸。

生態

磯の浅いところに普通に見られる。
10センチ前後になる。

基本情報

磯遊びなどをしているとよく見かける魚である。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

一般に食用ではない

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

食べていない

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
由来◆「韋駄天」とは仏教を守護する蒋のひとつ。早く走れる神として「韋駄天走り」などの言葉がある。そこから磯などで素早く逃げ回る本種につけたのではないか?

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ