イシマテガイ

イシマテガイの生物写真

殻長5cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱イガイ目イガイ超科イガイ科イガイ亜科シギノハシ属
外国名
学名
Lithophaga curta (Lischke, 1874)
漢字・由来
漢字 石馬刀貝
由来・語源 『目八譜』より。石の中にいてマテガイに似ているためか。
地方名・市場名
別名、イシワリ(石割 目八譜)。

概要 ▽

生息域

海水生。潮間帯〜水深20mのもろい石を穿ち潜り込む。
陸奥湾〜九州。

生態

基本情報

日本各地で非常に細々と自家消費されているもの。
主にみそ汁などになる。
食べ過ぎると腹をこわすとされている。

水産基本情報

市場には流通しない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
みそ汁

好んで食べる地域・名物料理

千葉県ではイシマテガイを岩を割って掘り出しみそ汁にして食べる。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『原色世界貝類図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(波部忠重、小菅貞男共著 保育社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ