アカザラガイ

アカザラガイの生物写真

殻長7センチ前後になる。ホタテガイ型ではあるがやや細長い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目イタヤガイ亜目イタヤガイ科カミオニシキ亜科カミオニシキ属
外国名
Akazara-scallop
学名
Chlamys (Azumapecten) farreri akazara (Kuroda,1932)
漢字・由来
漢字 赤皿貝
由来・語源 不明
地方名・市場名
アカジャラ(赤皿)、アカンジャラ、イタブ、イタラガイ、サラガイ(皿貝)、ソデフリ、ババガイ

概要 ▽

生息域

北海道南部から東北。
潮間帯から水深10メートルの現象域。

生態

産卵期は夏。
岩などに足糸を絡ませて付着している。
■ アズマニシキの地方形。貝殻は茶褐色か赤いく、放射肋、鱗片がアズマニシキよりも弱い。前耳が長い。

基本情報

東北気仙沼などで養殖が行われているが、他の地域ではほとんど見られない。
関東の市場に来ることは稀。
どちらかというと、地域的な産品といえるだろう。
宮城県、岩手県などでは観光資源のひとつでもある。

水産基本情報

水産物としての重要度/★★=これは地域的産物、嗜好品的なもの
市場での評価 流通する総てが養殖されたもの。宮城県など産地で消費されている。あまり他の地域には出回らない。
漁法 養殖
主な産地 宮城県、岩手県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

ホタテと同様の食べ方をするので貝柱の太っているものを。また生きのいいものを選ぶ。

味わい

旬は不明。
ホタテガイと同じような食べ方をする。
刺身にするのは貝柱だ。
やや甘みが弱く、微かに後味が苦い。
焼く、煮る、ゆでると甘みがでる。
生よりも熱を通したほうがいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 焼き貝、バター焼き、汁、刺身
強火で焼くと、甘みがあって美味だ。
強火で焼き、酒、醤油などで味付けする。
煮つけても美味。
ゆでたものを酢の物などにしてもうまい。
剥いてから、酒、みりん、醤油などであっさりと煮上げる。
バター焼きいしてもいい。
刺身はやや淡白、甘みはホタテガイよりも薄い。
焼き
アカザラガイの刺身刺身

好んで食べる地域・名物料理

宮城県、岩手県

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『貝』(波部忠重、奥谷喬司 学習研究社)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ