アオバダイ

アオバダイの生物写真

体長60センチ前後になる。体高があり、側扁する。黒く第二背鰭の真後ろに黒い斑文がある。若魚、幼魚のときには褐色の縦に走る筋がある。(撮影固体は種子島もしくは屋久島産)

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アオバダイ科アオバダイ属
外国名
英名/Westralian jewfish
学名
Glaucosoma hebraicum Richardson,1845
漢字・由来
漢字 青葉鯛
由来・語源 不明。
地方名・市場名
若い個体をスジアオバダイ(Glaucosoma fauvelii Sauvage)としていた。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。南シナ海、東部、西部オーストラリア。
やや深場。

生態

基本情報

国内でとれる魚の中では珍魚のひとつ。
非常に珍しいもの。
大型になることと、味がいいので安くはないが、種名までたどり着くのは至難。

水産基本情報

市場での評価 非常に希な魚で一定の評価はない。大型はやや高値。
漁法 釣り
産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

目が澄んでいるもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は夏から秋?
鱗は硬く、鱗引きで取るよりも包丁ですき引いた方がいい。
骨はあまり硬くなく頭も比較的簡単に割れる。
白身でクセがなくほどよく繊維質で身離れがいい。
熱を通しても硬くならない。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(鍋、みそ汁、潮汁、澄まし汁)、塩焼き、ソテー(ポワレ、ムニエル)、蒸す、刺身、唐揚げ、フライ
汁◆液体を使った料理にするのがいちばん。いいだしが出るし、身自体にも旨みがある。ハタ類のようにちり鍋にして美味。みそ汁にしてもよい。潮汁はやや物足りない。吸い物(鰹節だしを使った)にしてもよい。
塩焼き◆焼いても硬くならない、皮もほどよい柔らかい。身はほどよく繊維質で骨張られもよく、塩焼きとして上々。
ソテー◆油でソテーしてもうまい。塩コショウしてポワレ、小麦粉をつけてムニエルにしてもいい。
蒸す◆昆布をしき酒を振り、強火で蒸す。ポン酢などで食べる。
刺身◆クセがなく淡泊な味わいであるが、やや物足りない。
唐揚げ◆唐揚げにすると中はジューシーで、外はかりっと香ばしい。
フライ◆フライ材料としても良質。







好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ