タカラガイ

一般的に「タカラガイ」と呼ばれる種についてのまとめページです。

タカラガイについて

タカラガイについて タカラガイ科の多くは貝の収集の対象となっている。ハナマルユキやキイロダカラ、オミナエシのようにビーチコーミングで簡単に拾えるものからテラマチダカラのように非常に希少で高価なものまで様々である。
 江戸時代の『目八譜』や明治期の『日本産貝類図譜』などタカラガイは古くから分類が進み、典雅な名前が多いのも特徴だろう。
 またキイロダカラなど大量にとれるものは貨幣として使われていた。
 本州などでは生きている個体がなかなか手に入らないが、宮崎県、鹿児島県、沖縄県などでは食用になっていた。

「タカラガイ」と呼ばれるもの一覧

印は「タカラガイ」ですがそれ以外はタカラガイの仲間ではありません。

戻る

ページトップへ