ナガタチカマス

ナガタチカマスの生物写真

体長1メートルを超える。体色は銀白色で細長く、口が大きく歯が鋭い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目クロタチカマス科ナガタチカマス属
外国名
Blacksail snake mackerel
学名
Thyrsitoides marleyi Fowler,1929
漢字・由来
漢字 長太刀梭子魚
由来・語源 細長く、太刀のような魚でカマスのように歯が鋭い。
地方名・市場名
トウカンザメ、ナガンジャー。

概要 ▽

生息域

海水魚。大陸棚縁辺域。
相模湾、駿河湾、熊野灘、土佐湾、新潟・富山・若狭湾山口県沖。〜パラオ海嶺、インド・西太平洋域。

生態

基本情報

流通有情では一度も見ていない。
漁獲量が非常に少ない模様。
食用とする地域など不明。

水産基本情報

市場での評価 一度も見ていない。
漁法
産地 和歌山県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

頭部が大きく細長いので歩留まりは悪い。
鱗はなく、棘などもほとんど気にならない。
歯は太く鋭い。
皮近くに細くて硬い骨が密集する。
クセがない白身で脂が混在する。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、ムニエル、汁
刺身◆身をスプーンなどでかきだすか、中骨近くの薄い層を使うしかない。皮の方に脂がある。白身ではあるが脂があり、うま味も強い。
ムニエル◆脂があるために、バターなどとの相性が悪い。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

和歌山県湯浅市あかまんぼう 福井鮮魚店
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ