サツオミシマ

サツオミシマの生物写真

体長40センチを超える。擬鎖骨棘がなく、紡錘形で頭部が非常に大きい。背に白く短い帯状の紋がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科サツオミシマ属
外国名
Star gazer
学名
Ichthyscopus lebeck sannio Whitley
漢字・由来
漢字 薩男三島、薩男沼島、猟男三島、猟男沼島
由来・語源 不明。
上記は推測。
「薩男」は「荒っぽい薩摩男」という意味で、本種がなんらかの理由で鹿児島県と関わりがある?
「猟男」は猟をする人のことで、本種が肉食魚であるため?
地方名・市場名
古くはオコボ(兵庫県淡路 漢字/於孝暮)。
アンゴ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深50mよりも浅い砂地。熊本県天草では水深30〜60m。
新潟県〜熊本県天草の日本海・東シナ海沿岸、駿河湾〜九州南岸の太平洋沿岸。朝鮮半島南岸、済州島、台湾、中国東シナ海・南シナ海沿岸。

生態

基本情報

瀬戸内海、四国、九州などでは食用になっている模様。
あまり好まれているものではなく、産地でも安い。

水産基本情報

市場での評価 関東では一度だけしか見ていない。安い。
漁法 刺し網、釣り
産地 熊本県、兵庫県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。模様がはっきりして退色していないもの。

味わい

旬は不明。
鱗は弱く取りやすい。皮はしっかりしている。
透明感のある白身でスポンジのよう。水分が多い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
湯引き、煮つけ、刺身
サツオミシマの湯引き湯引き
皮つきのまま湯引きする。酢みそ、ポン酢などで食べる。あまり味はないがクセがなくおもしろい食感。
サツオミシマの煮つけ煮つけ
醤油などに負けて、本来のうま味が感じられないが、無難。
サツオミシマの刺身刺身
ほとんどうま味がなく、うまくない。

好んで食べる地域・名物料理

湯引き 熊本県上天草市大矢野町

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

熊本県上天草市出口さんから。
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ