コブシメ

コブシメの生物写真

外套長50センチ以上になる。鰭は同じ幅で胴の先でやや広がる。貝殻は長い楕円形。鰭には白く不規則な筋模様、背面(胴)には白い斑文が散らばる。

魚貝の物知り度 ★★
これは常識
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属
外国名
英名/Giant cuttlefish, Broadclub cuttlefish
学名
Sepia (Sepia) latimanus Quoy and Gaimard,1832
漢字・由来
漢字 大墨烏賊(?)
由来・語源 沖縄での呼び名「クブシミ」からきたもの。
私見だが、「くぶ」は「クフィ」で「とても大きい」という意味合い。「しみ」は「墨」のことで、大きくて墨がたくさんとれるイカという意味合い。
地方名・市場名
沖縄本島、八重山でクブシミ。
八重山でクブシミヤー。
沖縄宮古島でクブシミヤ。

概要 ▽

生息域

海水生。九州南部から琉球列島。西部太平洋、インド洋の熱帯域。
サンゴ礁域。

生態

産卵期は冬。
ヨロイサンゴなど特定のイシサンゴに直径3センチほどの卵囊(うすいまくにつつまれたたまご)を生みつける。

基本情報

沖縄に多い大型のコウイカ。
流通的には沖縄特産イカと思っても間違いない。
郷土料理のイカの墨汁(いちゃのすみじる)、琉球王国の宮廷料理である東道盆(とぅんだーぶん)の「花いか(表面を赤く染めて、花などの形に切ったもの)」などに使われる。
またアオリイカ、ソデイカなどとともに沖縄ではもっとも主要なイカともいえそう。

水産基本情報

市場での評価 沖縄ではアオリイカと並ぶ高級イカ。高値で安定している。
漁法 刺突漁(モリで突く)、定置網
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

文様のくっきりしているもの。文様が消えて白くなっているものは古い。

味わい

産卵後以外、年間を通して美味。
大型で歩留まりがよい。
皮も剥きやすい。
身はやや柔らかく、冷凍すると甘みが増す。
煮ても硬くならない。
墨が多い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(イカ墨汁)、刺身、天ぷら、炒め物(チャンプルー)、ゆでる
イカ墨汁/墨が多く、これを利用して汁にする。げそや鰭などを利用するといいだしが出る。沖縄ではフーチバー(ヨモギ)、ウンジャナ(苦菜)などを青味にするが小松菜、山東菜などでも美味。
刺身/大きさのわりに柔らかく、甘みがある。冷凍しても美味。非常に上質なイカと思えばいい。
天ぷら/沖縄では定番の天ぷら種。衣に味がついている沖縄風の天ぷらにしても、江戸前風にしてもいい。
炒め物(チャンプルー)/ウンチューバー(エンサイ、空心菜などとも)と炒めるなどしてもよい。調味はできるだけシンプルに、あまり熱を通しすぎない方がうまい。
ゆでる/げそなどはゆでて酢みそで食べる、酢の物にするとよい。
文様のくっきりしているもの。文様が消えて白くなっているものは古い。
イカ墨汁/墨が多く、これを利用して汁にする。げそや鰭などを利用するといいだしが出る。沖縄ではフーチバー(ヨモギ)、ウンジャナ(苦菜)などを青味にするが小松菜、山東菜などでも美味。
コブシメの刺身刺身/大きさのわりに柔らかく、甘みがある。冷凍しても美味。非常に上質なイカと思えばいい。
ゆでる/げそなどはゆでて酢みそで食べる、酢の物にするとよい。

好んで食べる地域・名物料理

沖縄県。

加工品・名産品

釣り情報

ルアーやボラなど生き餌を使って釣る。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『沖縄語辞典 那覇方言を中心に』(内間直仁、野原三義 研究社)、『沖縄食材図鑑』(NPO法人 食の風 楽園計画)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ