コトヒキ

コトヒキの生物写真

40センチを超える。側扁形。やや長い。背鰭、尾鰭などに黒い斑文があり、体側には弓なりの黒い筋がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目シマイサキ科コトヒキ属
外国名
英名/Arrow bass, Creacent-banded tigerfish
学名
Terapon jarbua (Forsskål,1775)
漢字・由来
漢字 琴弾、琴引
由来 高知県での呼び名。ググっと鳴く、その音が琴の音に似ているため。
地方名・市場名
別名、ヤカタイサキ、ヤガタイサキ、ヤガタイサギは漢字で「矢筈鶏魚」。尾鰭の形が矢筈(やはず)に似ているため。
沖縄本島でクワガナー、宮古島でイーハナ、ムビナタ、八重山諸島でクワーガナー、ムンダナー。
クブ、シャミセン、ジンナラ、スミシロ、スミツキ、スミヤキ、タルミ、チョウダイ、フエフキ。

概要 ▽

生息域

南日本。インド・太平洋域。
小型魚は千葉県外房でもしばしば見かける。
河川汽水域、浅い沿岸。

生態

ぐぐっぐぐっ、と鳴く。

基本情報

関東で上がる固体は小振りであるが、西日本では40センチを大幅に超える大型が上がる。
大きさによって用途が代わり、西日本では食用魚として比較的よく見られるが、関東などでは珍しい。
値段の安い魚で塩焼きなど総菜に利用されている。

水産基本情報

市場での評価 関東では入荷は少なく、やや希。値段は低め。
漁法 定置網
産地 東京湾以西の日本各地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

黒い斑文、筋のくっきりしているもの。銀色の輝きの強いもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は春〜夏
鱗は小さくて取りにくい。
皮はやや硬め。
白身でほんの微かに臭みを感じる。
あまり繊維質ではなく、身は小さくほぐれる。
身離れはいい。
焼く方が味わい深く、汁にして旨みをあまり感じない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
塩焼き、煮つけ、刺身、フライ
コトヒキの塩焼き
塩焼き わずかに川魚のような風味があり、これが持ち味。身離れもよく、甘みが感じられて非常にうまい。

コトヒキの刺身
刺身 同科のシマイサキよりも血合いが美しい。それほど強い旨みがあるわけでもなく、平凡ながらやや美味。

コトヒキのフライ
フライ クセがないので無難な味わい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

防波堤(波止)からの浮き釣り、ぶっ込み釣りに来る。餌はイソメ類、オキアミなど。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日新聞社 1966)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ