ギンメダイ

ギンメダイの生物写真

体長30センチ前後になる。側へんし、頭が小さく背ビレ、尻ビレ、尾ビレの先が黒い。日本のヒゲがある

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区ギンメダイ上目ギンメダイ上目ギンメダイ目ギンメダイ科ギンメダイ属
外国名
Beardfish
学名
Polymixia japonica Günther,1877
漢字・由来
漢字 銀目鯛、銀眼鯛
由来・語源 同じように深場に生息するキンメダイに対して、目が銀色なので。
地方名・市場名
神奈川県小田原市でアゴナシ。
アオ、アオダイショウ、アゴナシ、オチョコアゴナシ、ギンメ、シウジウダイ、デンデン、マイマイ、メダイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。相模湾以南の太平洋側、東シナ海。
水深150〜500メートル。

生態

基本情報

一般的に流通しない。
漁などで揚がっても利用されることは少ないように思える。

水産基本情報

市場での評価 市場では一度も見ていない。
漁法 底引き網、釣り
産地 静岡県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

色合いの濃いもの。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は不明。
鱗は小さく薄く柔らかい。
全体に水っぽく、ときどき臭みのあるものがある。
骨も柔らかい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ