カガミガイ

カガミガイの生物写真

殻長、殻幅ともに8センチ前後で白い。丸みが強く、平たい。潮干狩りでとれる貝の中ではもっとも大型。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超科マルスダレガイ科カガミガイ亜科ヒナガイ属
外国名
学名
Phacosoma japonicum (Reeve,1850)
漢字・由来
漢字 鏡貝。
由来 『目八譜』より。江戸時代以前の鏡のように、丸くて薄い貝の意味だと思われる。
地方名・市場名
イタガイ、ウマンメ(馬爪貝?)、オオノガイ、カラスガイ、キシャ、ギショー、コマズメガイ(馬爪貝?)、サザメ、シイタケ、シオフキ、シタケ、ジョジョッケイ、シラカイ(白貝)、シラギャー(白貝)、シラゲ(白貝)、シラヤキャー(白貝)、シロカイ(白貝)、シロガイ(白貝)、ゾーメン、ダンゴガイ(団子貝)、チガイ、チチハマグリ、ドウシュウケー、ドーショ、ドーショー、ドーショッケ、ドーメン、ドーメンケ、ヒナガイ、ヒナゴ、ヒョウシガイ、ヒョウタンガイ、ブッショー、ベッタラガイ、マスガイ、マンジュウガイ(饅頭貝)、マンジュウゲッコ(饅頭貝)、マンジュガイ(満珠貝)、モチガイ(餅貝 西日本の餅は丸いことから、もしくは鏡餅のことから)、モチギャー(餅貝 西日本の餅は丸いことから、もしくは鏡餅のことから)、モッゲ(餅貝 西日本の餅は丸いことから、もしくは鏡餅のことから)、モンジュガイ(文殊貝/天橋立の文殊堂付近でたくさんとれたため。『標準原色図鑑全集 貝』)。/『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)

概要 ▽

生息域

海水生。北海道南西部から九州、朝鮮半島、中国大陸南岸。
湾内の干潟、砂地などに棲息。

生態

砂に潜り、水管を伸ばして海中の植物プランクトンや浮遊有機質を漉しとって食べている。

基本情報

潮干狩りでとれるもので、たくさんとれない。
流通にのることはほとんどなく、食用貝としての認識はほとんどない。
正円に近くて形が美しい。大形の貝である。潮干狩りなどで、アサリに混ざってくる貝のひとつ。大型で立派なので持ち帰るが、味が悪いので後悔するもののひとつ。
潮干狩り 杭や澪などの突き刺さる根元に多い。

水産基本情報

市場での評価 市場ではほとんど見ていない。大きいことと見た目の良さから値段はやや高め。
漁法 じょれん曳漁業
主な産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

生きているもの。

味わい

身は大きく、熱を通しても縮まないが硬くなる。
クセはないが、旨みは少ない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
バター焼き、カレー、酒蒸し、みそ汁、ゆでて酢の物(ぬた)
剥くのはときに大変。
酢の物やバター焼きにするときには蒸すか、ゆでるかする。
これをニンニク風味のバターで焼くとうまい。
またカレーにすると、なかなかいける。
ゆでて、身を取りだし、野菜を煮て、ゆで汁、身をもどして、ことことと煮る。
ここに市販のルー(なんでもいい)を加えるだけ。
潮干狩りでとれたシオフキなども、カレーになる。
ゆでてワカメなどと酢の物やぬたなどにしてもいい。
オーソドックスにみそ汁、酒蒸しなどにしてもいいが、やや身が硬く味わいが薄い。
カガミガイの酒蒸し
酒蒸し 熱を通すと硬くなり、アサリなどと比べるとやや味わいに欠ける。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『標準原色図鑑全集 貝』(波部忠重、小菅貞男 保育社)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本漁具・漁法図説』(金田禎之 成山堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ