オニアジ

オニアジの生物写真

体長30センチ前後になる。目は吻にとても近い。稜鱗は体長の3分の1ほどにあり、非常に硬い。尾柄部は長く細い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科オニアジ属
外国名
Torpedo scad
学名
Megalaspis cordyla (Linnaeus,1758)
漢字・由来
漢字 「鬼鰺」。
由来・語源/ゼンゴ(稜鱗)が幅広く全身を覆っていて下ろすのが大変なため。
地方名・市場名
チョウセンアジ、トッパク。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の表層域。
稀に津軽海峡、兵庫県浜坂、山口県日本海沿岸、長崎県、相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、鹿児島県南さつま市笠沙、鹿児島湾。東シナ海北部。主に九州だと思われる。済州島、台湾、浙江省、中国南シナ海、海南島、インド-西太平洋域。

生態

基本情報

主に九州などで揚がるが量的には非常に少ない。
珍しいものではないが、探そうと思うとなかなか出合えない魚だ。
鱗と皮が硬い、血合いが多く赤みを帯びた身なので値段が安いのだが、実際に食べてみると味自体は決して悪くない。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場ではいまだ見ていない。
漁法 定置網
産地 鹿児島県、静岡県、三重県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

目が澄んでいるもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は不明。
鱗は硬く取れない。特に尾柄部の稜鱗は硬くて包丁が入らないくらい。皮も厚く強い。
赤みがかった身で血合いが大きい。時間が経つと黒みが強くなる。熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 生食(みそたたき・なめろう、刺身)、揚げる(フライ、皮唐揚げ、唐揚げ)、ソテー(さんが焼き、ムニエル)、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)

オニアジの刺身「なめろう」、「みそたたき」。血合いが強くて全体に赤いので刺身にするよりも、「なめろう(みそたたき)」がいい。ねぎやみょうがと合わせてみそで味つけしてよく切れる包丁でたたく。うま味の強さがいきる。
オニアジの刺身「刺身」。刺身にすると赤身を思わせる。血合いにほんのりと酸味があり、なかなか美味である。
オニアジのフライ「フライ」。パン粉をつけて揚げることで中は軟らかく、豊潤で美味。アジフライとは別種の味わいが楽しめる。
オニアジの唐揚げ「皮の唐揚げ」。皮に片栗粉をまぶしじっくり揚げる。かりっとして香ばしくて味がいい。
「さんが焼き」。「なめろう(みそたたき)」に小麦粉をつけてソテーしたもの。古くは椿の葉に挟んでたき火で焼いたものだが、最近ではフライパンでソテーすることが多い。
オニアジのムニエル「ムニエル」。バターを使うことで血合いの酸味が抑えられる。ソテーしても硬く締まりすぎないのもいい。
オニアジのみそ汁「みそ汁」。アジ科なので沖縄では「がーらの魚汁」とでもなろう。汁にするとうま味が豊かで実にうまい。
オニアジの塩焼き「塩焼き」。少し強めの塩をして半日ほど寝かせて焼き上げたもの。少し硬く締まるものの味がいい。
オニアジの煮つけ「煮つけ」。煮ると少し臭味が出る上に硬く締まりすぎる。強い味つけをしてもあまりうまいとは言えそうにない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ