イシガキフグ

イシガキフグの生物写真

体長60センチ前後になる。鱗が鈍い棘状で触るとかなり痛い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハリセンボン科イシガキフグ属
外国名
Pacific burrfish
学名
Chilomycterus reticulatus (Linnaeus)
漢字・由来
漢字 石垣河豚
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。
地方名・市場名
和歌山県でイガフグ、イバラフグ、ハリフグ。
イガフグ、イバラフグ、コンペ、チョウチンフグ、トーアバター、バラフグ、バラフクト、ハリフグ。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅い岩礁・サンゴ礁域。
北海道〜九州南岸の日本海、東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、小笠原諸島、琉球列島。瀬戸内海には少ない。朝鮮半島南岸、済州島、台湾南部、世界中の熱帯〜温帯域。

生態

基本情報

大形魚ではあるが、定置網などに入るが棘が硬くて調理しがたいのであまり利用されていない。

水産基本情報

市場での評価 ほぼ流通しない。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は秋から春だと思う
鱗は棘があり三本に分かれていて非常に硬い。鱗は厚い皮と一体化している。皮は分厚く非常に丈夫でなかなか切れない。皮は熱を通すとゼラチン質になりぷるんと軟らかくなる。皮自体に味がある。
筋肉は頭部と、体の中心部分にあるのみ。意外に血合いが赤く、硬く締まっている。頭部の筋肉は意外に多く、均質で上質。
●厚生労働省では肝、卵巣は食用不可としている。なぜ肝が食用不可なのかは不明。この厚生労働省のやり方には問題があると考えている。早急に厚生労働省は食用不可として理由を公表すべきだと思う。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
唐揚げ、汁(みそ汁、潮汁、鍋)、煮つけ、刺身
イシガキフグの唐揚げ唐揚げ 頭部、中心部分の身は唐揚げにすると適度に締まり、鶏肉のような食感になる。魚らしい甘味とうま味も感じられて美味しい。
イシガキフグのみそ汁 皮は分厚く、熱を通すとぷるんとする。この皮のみそ汁は非常にうまい。また頭部、中心の筋肉の汁も美味しい。鍋材料にもなる。写真は皮のみそ汁。皮は煮るとぷるんとゼラチン質になる。
イシガキフグの煮つけ煮つけ 頭部に身が豊富についている。この頭部をぶつ切りにして煮つけにすると非常に美味しい。
刺身 中心部分の筋肉は少ないために刺身に出来る部分は非常にわずか。まずくはないが、それほど味があるとは思えない。食べるならしょうゆ、わさびよりも、柑橘類と塩がいいかも。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/ねこや商店(宮崎県日南市油津)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ