ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マグロ

一般的な意味での「マグロ」についてのまとめページです。

「マグロ」と呼ばれるもの一覧

印は「マグロ」ですがそれ以外はマグロの仲間ではありません。

  • イソマグロ

    海水魚。南日本熱帯・亜熱帯の沿岸域。インド太平洋域。熱帯の沖縄や小笠原では漁獲され食用とされている。 ただし関東では遠征しての大物釣りの対象というイメージがある。
    イソマグロのページへ
  • キハダマグロ

    海水魚。 日本近海、日本海には希。世界中の温・熱帯域。古くからの産地である高知、三重、九州などが近い関西でよく食べられていたもの。大阪では「本ハツ」。マグロをさす「ハツ」に本が冠せられている。これはクロマグロよりも漁場が近く、鮮度のいいものがふんだんに手に入ったためだという。 最近では関西でも、もともとあまり食べない関・・・
    キハダマグロのページへ
  • クロマグロ

    海水魚。日本近海。太平洋北部、大西洋暖海域。全世界の温帯域。北半球に多く、南半球にはほとんどいない。食用になるマグロはクロマグロ、タイセイヨウクロマグロを筆頭に、ミナミマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ、コシナガマグロの7種をさす。ただしコシナガマグロはとれる量が極端に少ない。 ビンナガマグロは身色が赤・・・
    クロマグロのページへ
  • コシナガマグロ

    海水魚。外洋表層性。 富山県から九州西岸の日本海、相模湾以南の黒潮域太平洋沿岸、琉球列島、少ないが東シナ海沿岸。朝鮮半島南岸、済州島、インド-西太平洋。マグロ類のなかでももっとも入荷量の少ない種。ほとんど知られていないマグロだ。市場関係者もコシナガをはっきりと認識していないと思われる。ただしマグロ専門店はしっかり区分し・・・
    コシナガマグロのページへ
  • タイセイヨウクロマグロ

    海水魚。メキシコ湾、地中海、大西洋の熱帯・温帯域。今(2013年7月2日)でもクロマグロ2種は流通上はあまり区別しているとは思えない。 大西洋の地中海、メキシコ、ボストンなどで上がる、養殖されているマグロは高価で
    タイセイヨウクロマグロのページへ
  • ビンナガマグロ

    海水魚。日本近海。世界中の亜熱帯、温帯域。マグロとしては小型で、資源量が多い。マグロ類ではもっとも安い。 古くは缶詰などに加工されていたものだが、脂ののった時期にとったものを冷凍、これをビントロ(ビンチョウマグロのトロ)として売り出してから生食用としても認知されるようになった。特に回転寿司でビントロは定番的なネタのひと・・・
    ビンナガマグロのページへ
  • ミナミマグロ

    海水魚。南半球の温帯、亜寒帯域だけに生息する。クロマグロ同様大トロがとれるために、非常に高価なもの。 クロマグロが世界中にいるのに対して、南半球のみであがる。クロマグロの旬は秋から冬に対して晩春から夏に旬を迎えるので、夏のマグロというイメージがある。 古くはインド洋でたくさんとれたので、「インドマグロ」と呼ばれている。・・・
    ミナミマグロのページへ
  • メバチマグロ

    海水魚。世界中の温・熱帯域。クロマグロの5倍から7倍の漁獲量、輸入量があり。「マグロの刺身」としてもっとも一般的なもの。魚屋さんやスーパーで単にマグロというと本種をさすことが多い。 基本的に中トロはとれるが大トロの部分はないとされているが、近年本種でも「大トロ」の表記を見る。 身の色合いが鮮やかに赤い。この赤さこそマグ・・・
    メバチマグロのページへ