ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

フナ

一般的な意味での「フナ」についてのまとめページです。

「フナ」と呼ばれるもの一覧

印は「フナ」ですがそれ以外はフナの仲間ではありません。

  • カイリョウブナ

    淡水魚。長野県佐久市、駒ヶ根市で水田養殖。長野県佐久市、駒ヶ根市などの田で養殖されているフナ。 古くは観賞用に改良されてものが、煮て味がいいので田で養殖されるようになった。 内蔵が体全体に対して大きいのが特徴。
    カイリョウブナのページへ
  • ギンブナ

    淡水魚。北海道、本州、四国、九州、琉球列島、朝鮮半島、中国。 水路や河川の流れのゆるやかな場所、湖沼に棲息。フナ総論 フナは淡水魚のなかでも味がいいもの。 各地でまとまってとれるので内水では重要な食用魚となっている。 淡水魚の保存法としては古代より「なれずし」があり、朝廷などにも献上されてきている。 この代表的なもので・・・
    ギンブナのページへ
  • ゲンゴロウブナ

    淡水魚。琵琶湖、淀川水系だけに棲息していた固有種。それが改良され「かわちぶな」となり日本全国に移植されている。大阪府などで養殖されている。 食用に改良されたものは関西では少ないながら流通していおり、一部に味の良さが認められている。 対するに関東では食用と認識されていない。 ゲンゴロウブナという名はほとんど知られていない・・・
    ゲンゴロウブナのページへ
  • ニゴロブナ

    淡水魚。琵琶湖固有種。「ふなずし」の材料として琵琶湖では高値になるという。 「ふなずし」など、なれずしの材料はなんでもよいのだが、古来よりもっともよく使われてきたのがフナだ。 中でもゲンゴロウブナとニゴロブナがその最たるもの。 そしてニゴロブナの方が骨が軟らかく味がいいとされる。 琵琶湖周辺では高級魚。
    ニゴロブナのページへ