タモロコ

タモロコの生物写真

10cm前後になる。細長く、体側に暗い帯が縦に走る。地域的な変異が大きい。ホンモロコとの区別は至難。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科バルブス亜科タモロコ属
外国名
Field gudgeon
学名
Gnathopogon elongatus elongatus(Temminck and Schlegel)
漢字・由来
漢字 田諸子
由来・語源 田などに普通に見られるモロコの意味。
モロコ語源
「もろ」=漢字の「諸」であり多いこと。「こ」は「子」であり子だくさんと表す。
「もろ」は多いことで、「こ」は魚を表す語尾。
地方名・市場名
別名/ナガモロコ
愛知県津島市でモロコ、モロコバエ、ホンモロコ(以上はモツゴと混同)。『愛知県海部津島地域の 川魚食文化,特にふな味噌に着目して』(魚類自然史研究会会報『ボテジャコ』19号 日比野友亮)
カキバヤ、カスケバエ、スジゴロモ、スジモロコ、ダゴバヤ、ハヤ、ホンモロコ、ミゾバエ、ムギツキ、モロコ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。東海地方、長野県諏訪湖、濃尾平野、福井県三方五湖から和歌山県紀ノ川までのキンキ、山陽、四国の瀬戸内海側にそそぐ河川、高知県四万十川。
各地に移入している。
関東平野には普通に見られる。(1939年、1941年に東京府水産試験場が種苗を移植した)。

生態

雑食性で動物質を好む。
ユスリカ、イトミミズ、水草のほかヨシノボリの稚魚もエサにする。
産卵期は4月〜7月。

基本情報

味わいがおとるためホンモロコの代用品として利用されている。
また日本各地で雑魚もしくは小魚として佃煮などになる。

水産基本情報

市場での評価 日本各地で細々と取引されている。安い。
漁法 定置網など。
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は春。
鱗が薄く、皮が柔らかく骨が軟らかい。
比較的内臓の苦みが少ない。
熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

揚げる(唐揚げ、天ぷら)、煮る(甘露煮、佃煮)
唐揚げ 小振りのものは天ぷら、やや大きめは唐揚げにするといい。特に唐揚げは丸ごと食べられて、内臓の苦みが少なく硬くしまらないので食べやすい。小振りの方がいい。
タモロコの煮つけ甘露煮 軽くあぶってからしょうゆ、みりん、酒、砂糖で絡めるように煮上げたもの。小振りなものを使うと丸ごと骨が気にならず食べられて美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

関東平野では佃煮などに利用されているのをよく見かける。関東圏で見かける淡水魚の佃煮ではフナ、モツゴがいちばん多く、本種はそれに次ぐ。
小魚煮●モツゴも混じるが主な材料はタモロコであった。比較的あっさりした味。[魚徳 埼玉県羽生市中央]
もろこ佃煮●タモロコを江戸ならではの醤油辛い味に仕上げたもの。タモロコは養殖ものだというが、実にうまい。[柳橋 小松屋 東京都台東区柳橋]
もろこ煮●愛知県西部、木曽川に近い旧海部郡などで作られている佃煮。タモロコだけではなく、モツゴやデメモロコなども入っている。[魚光 津島駅前 愛知県津島市]

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『愛知県海部津島地域の 川魚食文化,特にふな味噌に着目して』(魚類自然史研究会会報『ボテジャコ』19号 日比野友亮)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ