ソウシカエルアンコウ

ソウシカエルアンコウの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長40cm、重さ3kg前後になる。胸鰭軟条は分枝して13軟条。体長40cm、重さ3kg前後になる。胸鰭軟条は分枝して13軟条。

ソウシカエルアンコウの形態写真

体長40cm、重さ3kg前後になる。胸鰭軟条は分枝して13軟条。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目カエルアンコウ亜目カエルアンコウ科カエルアンコウ属
外国名
Fishing frog
学名
Antennarius scriptissimus Jordan,1902
漢字・由来
漢字 草紙蛙鮟鱇、藻姿蛙鮟鱇
由来・語源 「草紙」とは草紙(草子)にでたらめに線を書きなぐったようであるため。「藻姿」は海藻にまぎれて見分けがつかないため。「蛙鮟鱇」は英名「Fishing frog」から来るのではないかと思う。古くは「イザリウオ」。
地方名・市場名
旧名、ソウシイザリウオ。
Fowlerichthys scriptissimus (Jordan, 1902)

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の水深185メートルより浅い岩礁地帯。
山口県日本海側、伊豆大島、八丈島、駿河湾、熊野灘、和歌山県串本、高知県柏島、沖縄島。フィリピン、ニュージーランド、レユニオン島。

生態

基本情報

ほとんど流通しない。
珍しい魚。

水産基本情報

市場での評価 流通上は見ていない。一定の評価はない。
漁法 刺し網
産地 静岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。7月の個体は大きな卵巣を抱えていた。寒い時期から春が旬かも。
皮は厚みがあり、表面はとげとげして触ると痛い。骨はあまり高くはない。
ある程度の鮮度でも白濁した白身でやや水分が多く、戦意を感じない。熱を通すと弾力が出て硬く締まる。
肝は上品な味わいで非常に美味。卵巣も卵粒が小さくてうまい。胃袋は柔らかく弾力があるが適度に噛み切れる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁、唐揚げ、煮つけ
汁◆鍋物やみそ汁にしてなかなか美味。クセがない味わいでいいだしが出る。
唐揚げ◆中はしっとりほどよく繊維質で表面が香ばしく揚がる。
煮つけ◆身は痩せるがクセがなく美味。







好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/磯多紀(東京都築地場内)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ