シビレエイ

シビレエイの生物写真

体長40センチ前後になる。柔らかく全体にぶよぶよしており。ウチワ型で背鰭は1つ。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
動物界脊索動物門顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目シビレエイ目シビレエイ科シビレエイ属
外国名
英名/Electric ray
学名
Narke japonica (Temminck & Schlegel,1850)
漢字・由来
漢字 痺鱏、痺鱝
由来・語源 体内に発電器を持ち、不用意に触ると感電し、しびれるため。
地方名・市場名
別名、デンキエイ(電気鱝)。
シビレ、テシバリ、デンキイオ、デンキエイ、ベト。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深155mまでの砂底。
若狭湾〜九州南岸の日本海・東シナ海、福島県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海。東シナ海の大陸棚域、朝鮮半島南岸、台湾、江蘇省〜広東省の中国沿岸。

生態


シビレエイの背ビレシビレエイ
背ビレはひとつ
ヤマトシビレエイの背ビレヤマトシビレエイ
背ビレは2つ

基本情報

刺し網や定置網、底曳き網に混ざる困りもの。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
煮つけ
シビレエイの煮つけ煮つけ
煮つけにすると、身に水分が多く、また身がぽろぽろと外れてしまう。うまいものではない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ