イソシジミ

イソシジミの生物写真

殻長4センチ前後になる。丸みがあり、左殻が右殻よりも膨らむ。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目ニッコウガイ超科シオサザナミ科ムラサキガイ亜科イソシジミ属
外国名
学名
Nuttallia olivacea Jay,1857
漢字・由来
漢字 磯蜆
由来・語源 『目八譜』から。やや塩分の多い海域にいるシジミに似た二枚貝の意味。
地方名・市場名
釣りエサとしてはアケミガイ(アケミ貝)。
アカガイ、アケビガイ、アッカイ、アブラガイ、イトガイ、ウスガイ、カラスガイ、コジ、シジミ、シシメ、シビトガイ(死人貝)、タベラ、ナミノコ、ネゴアサリ、ビショリ、ベタガイ、ベッタガイ、ホトケガイ、メイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南西部以南、九州、朝鮮半島。中国沿岸。
潮間帯から水深10メートル。

生態

基本情報

食用としても釣りエサとしても流通する。
一般にみそ汁などになる。

水産基本情報

市場での評価 関東では希に入荷。中部太平洋側などではクロダイ釣りのエサなどにもなる。やや安い。
漁法
産地 広島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は春
貝殻はやや硬く、あまり厚みはない。
身は大きくクセがない。
シジミと比べるとうま味に欠ける。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
みそ汁、酒蒸し
イソシジミのみそ汁
みそ汁 シジミと比べるとやや物足りないが。イヤミのない味で美味。
酒蒸し イヤミがなく、身痩せしない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

クロダイ(チヌ)釣りのエサとして重要。

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
市場には思い出したように入荷する。またこれが静岡以西のクロダイなどを狙う釣り餌としては盛んに使われる。釣りの世界では「あけみがい」のほうが通りがいい。
■みそ汁にするとシジミよりもさっぱり旨味に欠けるかもしれない。ただしだからこそ、こちらの方が好きであるという声もある。またシジミよりも大型なので酒蒸しや、しょうゆ漬け(酒蒸しにして、しょうゆだれに漬け込む)にしても食べやすい。

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ