アカメモドキ

アカメモドキの生物写真

体長30センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アカメ科アカメモドキ属
外国名
学名
Psammoperca waigiensis (Cuvier)
漢字・由来
漢字 赤目擬
由来・語源 アカメに似て別種の意味。
地方名・市場名
沖縄本島でシタンジュミーバイ、宮古でアカニバラ。

概要 ▽

生息域

海水魚。内湾の浅いサンゴ礁域、ガラモ場、岩礁域。
琉球列島。〜インド洋。

生態

内湾の河口域や汽水域に生息。
高知県などの河口域では稚魚などがアマモ場などに見られる。
稚魚はアマモの葉と平行に、逆立ちして静止することで有名。
産卵期は6月〜8月。
肉食魚。

基本情報

沖縄でも比較的流通量は少ない。

水産基本情報

市場での評価 水揚げ量は少ない。
漁法
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。退色していないもの。

味わい

旬は不明。
鱗はやや硬めで皮は普通。
透明感のある白身で血合いが美しい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、バター焼き、魚汁(みそ汁)
刺身◆クセのない白身で上品な味わい。
バター焼き◆塩胡椒して、バター(マーガリン)たっぷりで香ばしく焼く。沖縄の郷土料理であるが、本種の味を引き立てる。
魚汁(ゆうしる、いうしる)◆あらや皮などを水から煮てみそ仕立てにする。島唐辛子のコーレーグスが合う。
アカメモドキの刺身刺身。
アカメモドキのバター焼きバター焼き。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ