アカゴチ

アカゴチの生物写真

体長30cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目アカゴチ科アカゴチ属
外国名
Red flathead
学名
Bembras japonica Cuvier, 1829
漢字・由来
漢字 赤鯒
由来・語源 赤い鯒(こち)の意味。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深80〜230mの大陸棚縁辺域。
富山湾、島根県隠岐、対馬、山口県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、駿河湾〜九州南岸、瀬戸内海、東シナ海。
済州島、台湾、広東省、海南島。

生態

基本情報

底曳き網の混獲物。
色合いのよさにも関わらず、まとまってとれないためにあまり利用されていない。

水産基本情報

市場での評価 関東ではまだ流通しているものを見ていない。主に産地周辺で流通する。
漁法 底曳き網
産地 静岡県、愛知県、三重県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤味の強いもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は寒い時期
鱗は軟らかく取りやすい。
透明感のある白身。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
揚げる(天ぷら、唐揚げ)
味はいいものの小振りであり、刺身にするのは難しい。天ぷらや唐揚げで食べるのがベスト
揚げる 天ぷらや唐揚げにして美味。クセのない白身で身離れのよさが生きてくる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
■沼津や尾鷲など底引網の基地では見られるし、食用とされる
底引きで上がる魚であり、水揚げの港では普通に見られるもの。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ