ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カジキ

一般的な意味での「カジキ」についてのまとめページです。

「カジキ」と呼ばれるもの一覧

印は「カジキ」ですがそれ以外はカジキの仲間ではありません。

  • クロカジキ

    海水魚。外洋表層遊泳性。 富山湾以南の日本海沿岸、長崎、青森県〜土佐湾の太平洋沿岸、琉球列島。台湾、インド〜太平洋。体長4.5メートル、重さ600キロになる大型魚。台湾などから輸入されている。価格が安いので漬け魚、みりん干しなどに加工されている。また関東では希に切り身が売られている。 鮮度のいいものが手に入る沖縄県や熊・・・
    クロカジキのページへ
  • シロカジキ

    海水魚。外洋表層遊泳性。 富山県、石川県、若狭湾、山口県日本海側、長崎県池月島・福江島、青森県〜土佐湾の太平洋沿岸、琉球列島、東シナ海。済州島、台湾、インド-太平洋。主に熱帯・亜熱帯に多い。国内では東シナ海に多く、秋などに日本海の定置網に入る。 比較的淡泊な味わいで、関東などではあまり好まれず、主に石川県などカジキ類を・・・
    シロカジキのページへ
  • バショウカジキ

    海水魚。南日本。インド・太平洋域。 外洋の表層を遊泳。主に刺身用として各地で食べられている。 ほとんどが鮮魚で加工用になることは希。 カジキ類の中では比較的安いもので、全国的に流通することはあまりなく、ローカルな味。 刺身だけではなく、ムニエルやフライなど用途が広いので、スーパーなどで見かけたら買い求めて欲しい。
    バショウカジキのページへ
  • マカジキ

    海水魚。外洋表層遊泳性。 北海道日本海沿岸、富山湾から九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜土佐湾の太平洋沿岸、琉球列島。東シナ海、済州島、台湾、インド・太平洋。古くは赤身の刺身として多用されたもの。 漁獲量が減り、マグロにとって代わられた。 関東では千葉県などの突きん棒漁で上がり、人気が高かった。 また北陸金沢では・・・
    マカジキのページへ
  • メカジキ

    海水魚。世界中の温帯域・熱帯域。関東の小売店で単にカジキと言えば本種をさしている。 カジキ類ではもっともよく見かけるものだが、東日本に多く、西日本にやや少ないもの。 値段が手頃で、需要が高く魚屋、スーパーマーケットなどで並ばない日はない。 生・冷凍切り身や、漬け魚その他の加工品など販売形態も多様。 切り身にはしばしば「・・・
    メカジキのページへ