ヨロイアジ属

Classification Carangoides Bleeker, 1851

スズキ目について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

アジ科について

小田原早川漁港での水揚げ3亜科で非常に多くの属を含む。
Caranginae/イトヒキアジ属、マブタシマアジ属、クボアジ属、マテアジ属、ヨロイアジ属、ギンガメアジ属、ムロアジ属、コガネシマアジ属、オニアジ属、クロアジモドキ属、シマアジ属、メアジ属、ホソヒラアジ属、マアジ属、オキアジ属
Naucratinae/ツムブリ属、ブリモドキ属、ブリ属、アイブリ属
Scomberoidinae/イケカツオ属
Trachinotinae/コバンアジ属
ほぼ総てが世界的に食用となっていて、国内ではマアジ、ムロアジ属、ブリ属など知名度も高い。

ヨロイアジ属について

宮崎県延岡市浦城 インド洋、太平洋、大西洋の熱帯、亜熱帯、温帯域に広く分布する。側へん(左右に平たく)し全体的に体高があり、鯛型に近い種も多い。種の多いアジ科のなかでもヨロイアジ属の種は多い。
 ほぼ総ての種が非常に美味である。
 比較的大型のコガネシマアジ、ナンヨウカイワリは比較的食用として認知されているが、比較的体高のある小型種などは利用度も認知度も低い。
 特に体高のある種はまとまってとれない上、同定が難しく、廃棄されることも多い。
 あまり大きくならないので、シガテラ毒などを持つことはないと思うが、無知から廃棄されることがあるのが残念。

ヨロイアジ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト