ガザミ科

Classification Portunidae Rafinesque, 1815

ガザミ科について

魚市場で活かされている小型のガザミ ワタリガニ科とも。
 いちばん後方の脚(第4歩脚)が櫂(オール状)になっており泳ぐことが出来る。カニなのに遠くまで移動(渡る)ことができるのでワタリガニと呼ばれることが多い。また温帯、熱帯にまで広く生息しており、世界中で重要な食用ガニとなっている。国内での水揚げの減少から東南アジアなどからの輸入が盛んとなっている。
 本州から九州、沖縄までの沿岸域、内湾に多く、古くは海産のカニの代表的なものだった。
 非常に小型のものから大型になるものまであり、食用種は多い。代表的なものはガザミ、タイワンガザミ、ノコギリガザミ、ジャノメガザミ、ヒラツメガニなど。
 もっとも重要なのがガザミで九州、瀬戸内海などでは名物ともなっている。

ガザミ科に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト