北海道常呂郡佐呂間町 多田商店から
サロマ湖天然マガキ
おいしいサイトマップへ図鑑読本目次へ市場魚貝類図鑑へ!
1年貝の生ガキは2〜3個ついたまま。小粒だが味は絶品
生よりうまかった蒸しガキ
サロマ湖から届く
 もうかれこれ4年だろうか? 最後に市場でキュウリウオを見てから。そんなときに「キュウリだろ?」と呼ばれていったら、多田商店の箱にチカが入っている。「なんだ」と少々ふてくされて帰ってきたものの、いつになったらキュウリウオに出合えるのか? 病むに病まれず、多田商店に電話を入れて問い合わせてみた。電話の先は親切そうな女性の声。聞くとキュウリウオは道内に送っているが東京に送っていないとのこと、少量でいいのですがという面倒な注文で送ってもらった。その折りにサロマの幸として入っていたのが天然ガキである。
 小振りで、2〜3個くっついたままなのが、面白くて水洗いして殻を開けた。開けるそばから食べると、これがうまい。ぷるんとして、味が濃厚、その割に後味が爽やかではないか。1キロほどなのであんまり数がない。多田商店のおすすめ料理である。酒蒸しが作れなくなる。
 その夜の我が家の食卓の豪華なこと。食卓に並べた生ガキはあっと言う間に無くなり、その上、蒸し上がったカキもあれれと思うまもなく後がない。
「蒸したのと、生とどっちがうまい」と家族に聞くと、どっちもいいが蒸したのがもう一度食べたいという。確かに蒸す方がより旨味が強く、惹かれるところが多いように思われた。
■天然カキの漁期は10月初旬から2月いっぱいまで
●北海道常呂郡佐呂間町宮前
多田商店
電話    01587-2-3434
ファックス 01587-2-3052



関連コンテンツ