2002年8月15日 敗戦記念日
八王子市北浅川
日野市に住む我が家にとって
いちばん近い清流、北浅川。
八王子から陣馬街道ですぐ、
そこには川遊びの隠れ里があった。
シマドジョウ
やけにとんがったカワニ
1匹だけ釣れたウグ
 2002年8月15日は記録的な猛暑が続きも続いて幾日になるのか? 子供たちは泳ぎに行きたいのだと朝からせがむのだ。父はどうすればいいのだろう。いまだパソコンに向かい夏の脅威とは無縁でいるのに。
 午後を過ぎても子供達の濃厚な水遊びへの欲求は止まない。それにしても2時に迫りつつある、こんなときにはどこへ行くか? 考えに考えて北浅川の名もない淵に出かける。もう子供達はバクハツ寸前、途中宅急便を出したり、「さし(ハエの幼虫)」、つりえさを買ったりする間もうるさいこと凄まじい。
 北浅川まで我が家からは15分ほど、それで泳げる川があるのは八王子の奥の深さではあるまいか? まだまだ田舎の風情が残るこの辺りは野生のサルの多いところ、何年か前に青山かどこか都心に紛れ込んで毎日のようにテレビを騒がせたサルがいた。あのサルの本来の住まいはこの恩方である。
 知り合いの内にクルマをとめると(駐車できるところはこの近辺にはまったくない)さっそく川へまっしぐら。実を言うとどこへ行くのか決めていなかったので、子供達は水着は着ていない。クルマから釣り竿を出して釣りをさせる。これが釣り竿を持っていたのは最初の10分ほど、「服のまま泳いでもいいかな?」と問う娘の向こうではもうずぶ濡れになっている悪ガキが淵の上で笑っている。
 仕方なく子供達を見守りながら川の生き物を探す。子供が釣り上げたウグイ、タカハヤは川を覗いてみると数知れずいる。特にウグイの魚影の濃さは凄まじい。何年か前にここでニジマスを釣り上げたことがあるが、今日は見つからない。
 網で水底をかき回していると入ってきたのがシマドジョウである。多摩川水系、相模川水系ともにもっとも普通にみられるドジョウである。またカワニナも1匹だけ見つけられた。やけに細長い尖った形のカワニナである。カワニナは川ごとに形の傾向があるのではと思われる?
 子供達は何回どぼんしたのか、切りがないので川面が日陰になったのを期に帰ることにした。陣馬街道はお盆のためかほとんどクルマがいない。コンビニで買ったアイスクリームが食べ終わらぬ内に家に着いてしまいそうだ、っとそのときびっくりするものがガソリンスタンドから出てきた。後ろの座席の子供達はもう大騒ぎである。
 なんとピンク色のブタバイク、ブタヘルメットをかぶった親子がのっている。しかもそのお父さんのブタに似ていること、「すっごーい、可愛い、乗ってみたい」。息子が思わずシャッターを切って写っていたのがコレ!





関連コンテンツ