2004年11月11〜12日
浜名湖三河の旅05
三河湾到着
2004年11月11日から
翌12日まで、
浜名湖三河を旅しました。
浜名湖三河の旅目次へ 
静岡の目次へ 
魚貝類を探す旅目次へ 
市場魚貝類図鑑
04/11.11〜12 浜名湖三河の旅 05
一色

 舞阪を出たのが午後3時半。浜名バイパスに出たところから豪雨となる。ここから豊橋に入ったときに渋滞がはじまる。蒲郡に入りやっと渋滞を抜けて一色に着いたのが6時前のこと、毎味水産の藤井社長が今日の宿泊先を提供してくれた。そのホテルに案内してくれるのだけれど。
「その前に飯でもいこか」
 そのまま藤井社長を乗せて蒲郡方面に走る。幡豆町の、「ふかや」という店でごちそうになりながらいろいろ話をお聞きする。
 ここで食べたのが茹でた上等兵(ジャノメガザミ)。これを食べる藤井社長の勢いがすごい。ばりばりと殻を噛み砕き、あっという間にカニを平らげていく。
「子供の頃はおやつじゃけーの」
 この店の常連さんたちもうなずいている。確かに昭和30年代くらいまではお菓子というか甘いものが少ないというか、市販の菓子類自体が少なかった。当然、カニなどおやつでも上等の部類だったのかも知れない。カニの後は、ちょうちんふぐ(ヨリトフグかも?)の鍋。肝がたっぷり入って、この肝の甘いこと。出汁ごとすくうようにして食べる。
「この店は味がいいんですね」
 感嘆していると、
「一色にはもっと安くてうまい店がいっぱいある。それじゃけんどの、行くと知り合いが多てこまる」
 地元のエビのことを聞いていてそういえば、吉良ではサルエビは「ざるえび」というのだと教えてくれる。これは舞阪で聞いたのと同じである。
 宿泊は藤井社長の持っているリンクスというホテル。広くて心地よい部屋に、大浴場が素晴らしい。サウナもあって疲れがどんどん消えていく。これは藤井社長に感謝のしようがない。
幡豆町の地元の方たちしか知られていない店



関連コンテンツ