新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トラウツボ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 食用ではない。
●三重県尾鷲市の岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)
■市場魚貝類図鑑データベースから
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
形態◆規則的な褐色の横縞がある。
ウナギ目(Anguilliformes) について◆
3亜目15科約141属約738種。
体は細長い。腹鰭とそれを支える骨がない。
レプトケファルスという透明で柳葉の形の幼生期がある。
ウツボ亜目(Muraenoidei) について◆
3科約24属約218種。
ウツボ科(Muraenidae) について◆
約200種。
■一般に食用となるのは国内ではウツボのみ。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区カライワシ下区
ウナギ目ウツボ亜目
ウツボ科ウツボ亜科トラウツボ属
トラウツボ
Muraena pardalis Temminck and Schlegel
その他のウナギ目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆高知県風たたき/干物/湯引き
○美味
大きさ◆60センチ前後になる。
生息域◆南日本。インド・太平洋域。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆■食用ではない。
トラウツボの基本◆■食用魚ではない。
加工品◆なし。
漁獲方法◆
漢字◆「虎魚へんに単」、「虎魚へんに普」。
由来◆文様から。
呼び名・方言◆
「アブラウツボ」、「コメウツボ」、「ジャウツボ」、「ハンビウツボ」、「アズキウツボ」。
釣り◆調べているところ。



関連コンテンツ