新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「イラコアナゴ」はこちら >>
↑口裂(口の長さ)の中央上に目がある。
←鱗(うろこ)は棒状(細長い楕円形)
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区カライワシ下区
ウナギ目ホラアナゴ科ホラアナゴ属
イラコアナゴ
Synaphobranchus kaupii Johnson
その他のウナギ目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆蒲焼き/天ぷら/
煮もの/煮込み
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆関東には加工品となって入荷して来るのみ。
生息域◆北海道以南の各地。東シナ海、朝鮮半島。日本海能登半島以北には少ない。
生態◆調べているところ
大きさ◆80センチほどになる。
漁獲方法◆底引き網
漢字◆「伊良子穴子?」。
由来◆調べているところ。
呼び名・方言◆宮城県石巻市石巻魚市場では「沖はも(おきはも)」。同地ではマアナゴのことを「はも」と呼ぶために「沖合にいるアナゴ」の意味。
 ウナギ、マアナゴの高騰のなか、非常に安い「穴子の蒲焼き」を見つけて原材料をみると必ずイラコアナゴである。現状では安いアナゴの加工品の代表的なもの。
 産地は主に三陸以北の底引き網のある漁港。
◆食べてみる◆
 黒っぽいアナゴという外見。皮がやや硬く、水分が多いのか少し粘質。
 単純に天ぷらにしてうまい。もちろんマアナゴと比べると落ちるが捨てがたい味わい。
 他には蒲焼き、煮つけなど。
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
関東の市場やスーパーで見かける、イラコアナゴの加工品。
値段は非常に安くて、それなりにうまいので、イラコアナゴだと思って買うぶんには悪くない。
裏面の表示をみると三陸産イラコアナゴが明記されている。このまま商品名「あなご蒲焼き」でいいのかは疑問。
天ぷら
鮮魚で単純にうまいのは天ぷら。水分が多いのか、揚げたてを食べないとべたつく。
青森県青森市『田向商店』に材料を提供していただきました。感謝します。
煮つけ
これは問題なくうまい。ただしマアナゴのような旨味に欠けるし、水分が多いためかふっくら仕上がらない。



関連コンテンツ