新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ナガチゴダラ」はこちら >>
形態◆下あごに髭(ひげ)がない。細長くスマート。
タラ目(Gadiformes)について◆
世界に12科約85属約482種。
メルルーサ科、タラ科、ソコダラ科、チゴダラ科など。食用として非常に重要な科が多い。
チゴダラ科(Moridae)について◆
世界中の深海に約98種。
食用種にチゴダラ、エゾイソアイナメ、イトヒキダラ。
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正新骨下区
側棘鰭上目タラ目
チゴダラ科チゴダラ属(Physiculus)
ナガチゴダラ
Physiculus inbarbatus
他のチゴダラ科へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆焼き物/みそ汁/煮つけ
○美味
大きさ◆30センチ前後
生息域◆駿河湾、土佐湾、沖縄船状海盆。
生態◆水深400メートルから700メートルの海底。
市場での評価・取り扱われ方◆あまりまとまってとれないので流通はしない
ナガチゴダラの基本◆
■沼津では雑魚。流通しないで漁師さんなどが自家で食べるくらい。
漁獲方法◆底引き網
漢字◆「長稚児鱈」
由来◆細長いチゴダラの意味。
呼び名・方言◆調べているところ
◆食べてみる◆
 軽く干して食べてみた。脂があって、なかなか香ばしく、肝が濃厚で美味。
 みそ汁、煮つけにしてもうまい。
●沼津魚市場底曳網
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考文献/『魚の分類の図鑑』上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ