ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ムラサキダコ(Blanket octopus)

学名:Tremoctopus violaceus gracialis(Eydoux & Souleyet,1852)

ムラサキダコの形態写真

体長/雌56センチ、雄3センチ。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕目有触毛亜目ムラサキダコ科ムラサキダコ属
    外国名
    Blanket octopus
    学名
    Tremoctopus violaceus gracialis(Eydoux & Souleyet,1852)
    漢字・由来
    漢字 紫蛸、紫鮹
    由来・語源
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。表層浮遊性。
    日本周辺暖海域。
    生態
    太平洋、日本海の表中層を漂う。
    基本情報
    日本海側ではときどきあがるものであるらしい。ただし一般的には食用としないもので詳細は不明である。
    ムラサキダコの眼このタコ、軟体の身の部分に外套をかぶっているかのよう。その外套の奥から眼がのぞいている
    水産基本情報
    市場での評価 市場にくることはない
    選び方
    味わい
    ゆでると食べられないものではないが、水っぽくてうまいとは言えない。
    茹でムラサキダコ
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本のタコ学』(奥谷喬司 東海大学出版局 2013)
  • 主食材として「ムラサキダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ