ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ムラサキインコ(Purplish bifurcate mussel)

学名:Septifer virgatus (Wiegmann,1837)

ムラサキインコの形態写真

殻長4センチ前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱イガイ目イガイ超科イガイ科イガイ亜科クジャクガイ属
    外国名
    Purplish bifurcate mussel
    学名
    Septifer virgatus (Wiegmann,1837)
    漢字・由来
    漢字 紫鸚哥
    由来・語源 『目八譜』より。貝殻の形がインコの翼もしくはクチバシに似て、紫色であるため(?)
    地方名・市場名
    カラスガイ/和歌山県串本町古座津荷。宮崎県延岡市ではカラスガイとしてスーパー、魚屋などで販売している。主にみそ汁用。
    カラスグチ/高知県大月町(『CURRENT』(黒潮生物研究所))
    クロクチス愛媛県伊方町
    タチガイ/島根県浜田市。食用として流通する。
    マルゴ/『海の生物誌』(平井越郎 東奥日報社 1964年頃に書かれたもの)に青森市浅虫の茂浦、浦田などでムラサキインコを「まるご」といって食用にしているとある。
    イワガイ、カラスガイ、ヒヨリガイ、マルゴ、マルコ、マロコ、マメガイ、ヒカゲ、クロガイ、クロクチ。
    生息域
    海水生。北海道西部〜九州。
    潮間帯の岩礁域。
    潮間帯上部の引き潮時に干上がるような岩などのくぼみ、テトラポッドのくぼみに群落を作る。
    生態
    ■ 潮間帯の岩礁域、テトラポットなどにベッド(密集して棲息する)を作る。
    ■ 比較的潮間帯の上部に多い。
    基本情報
    海岸線でもっとも普通に見られる二枚貝。
    まとまって取れるので食用とする地域が多いと考えている。
    一般的にみそ汁などにして食べる。
    水産基本情報
    市場での評価 非常にローカルなもので、やや高値。
    漁法 採取
    産地 島根県ほか
    選び方
    味わい
    旬は春から初夏。
    貝殻は薄く割れやすい。足糸がある。基本的にむき身にしないで汁ものや酒蒸しに使う。
    熱を通しても身が固くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁(みそ汁、すまし汁、スープ、ブイヤベース)、蒸し煮(酒蒸し、ワイン蒸し)、リゾット
    ムラサキインコのみそ汁「みそ汁」。もっとも一般的な食べ方。濃厚なだしがでるので、鰹節だしなどは不要。本種と水とみそだけで作る。
    「酒蒸し」。酒で蒸し煮したもの。少々煩わしいが、味はピカイチだ
    「ワイン蒸し」。白ワインとオリーブオイルで蒸し煮にしたもの。蒸し煮した汁で食べるバゲットは最高。若い赤ワインに合う。
    「リゾット」。まずはゆでる。ゆで汁と貝を分け。身を取り出して置く。玉ねぎをオリーブオイルで炒め、米(ごはん)と押し麦を加える。少し炒めてゆで汁を加え、ローレルを入れて煮る。仕上げにオリーブオイルと粉チーズを入れ、かき混ぜる。仕上げにディルを散らす。
    好んで食べる地域・名物料理
    ■島根県浜田市では「タチガイ」として食用とされている。
    ■宮崎県延岡市では「カラスガイ」としてスーパー、魚屋などで販売している。主にみそ汁用。
    ■『海の生物誌』(平井越郎 東奥日報社 1964年頃に書かれたもの)に青森市浅虫の茂浦、浦田などでムラサキインコを「まるご」といって食用にしているとある。
    ■愛媛県伊方町では「くろくち」をみそ汁にして食べる。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『貝』(奥谷喬司 日本出版社)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『海の生物誌』(平井越郎 東奥日報社)
  • 主食材として「ムラサキインコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ