ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミヤコボラ

学名:Bufonaria rana(Linnaeus,1758)

ミヤコボラの形態写真

殻長7センチ前後。貝殻は硬く、口側と、反対側がやや押しつぶされたよう。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    腹足綱前鰓亜綱盤足目ヤツシロガイ超科オキニシ科オキニシ亜科ミヤコボラ属
    外国名
    学名
    Bufonaria rana(Linnaeus,1758)
    漢字・由来
    漢字 都法螺
    由来・語源 『六百介品』より。
    地方名・市場名
    ドロガイ(泥貝)/兵庫県姫路市
    ドロサザエ(泥さざえ)/和歌山県雑賀崎
    イワカチ/大阪府泉佐野
    他には、カラニシ、ケンニシ、ズボ、ヨナキツブ。
    生息域
    海水生。房総半島、山口県以南、瀬戸内海。熱帯西太平洋。
    水深20メートルから100メートルの細かい砂地。
    生態
    基本情報
    非常に地域的な水産物。
    大阪湾から紀伊半島、瀬戸内海に多いもの。
    この地域では庶民的な巻き貝で、スーパー、魚屋さんなどに普通に見られる。
    水産基本情報
    市場での評価 西日本瀬戸内海から和歌山県にかけてとれるもの。関東にも少ないながら入荷してくる。値段は安い。
    漁法 底曳き網
    産地 大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県
    選び方
    味わい
    旬は不明
    貝殻は厚く硬く、割れにくい。
    クセのない味わいであるが、やや個性に欠け、旨みもそんなに強くない。
    熱を通しても硬くならない。
    産地では原則的には生では食べないよう。
    ワタに毒などの問題があるか、否かは不明。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮つけ、酒蒸し、ぬた
    煮つけ 醤油味で煮つけて美味。あまり硬くならないので食べやすい。
    酒蒸し(ぬた) 予め酒蒸し、酒を加えてゆでておくといい。これを酢みそで食べる、また生醤油にわさびというのもいい。
    ミヤコボラの酒蒸し
    酒蒸しはクセがなく、上品な味。熱を通しても硬くならないのがいいところ。
    好んで食べる地域・名物料理
    大阪府泉南、和歌山県。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ミヤコボラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ