ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミツカドホンヤドカリ

学名:Pagurus trigonocheirus (Stimpson,1858)

ミツカドホンヤドカリの形態写真

甲長3センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目ホンヤドカリ科ホンヤドカリ属
    外国名
    学名
    Pagurus trigonocheirus (Stimpson,1858)
    漢字・由来
    漢字 三角本宿借
    地方名・市場名
    和漢三才図会に寄居虫(ゴウナ)。これを取って塩漬けにするとある。
    生息域
    海水生。水深90〜583メートル
    長崎県、犬吠埼から北海道。
    生態
    基本情報
    島根県では白バイ(エッチュウバイ)漁に混ざる。
    大型のヤドカリで食用に供されていた可能性大。
    ただし現在は確認できていない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 貝カゴ漁
    産地 島根県
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる、汁(みそ汁)、塩辛
    茹でたミツカドホンヤドカリ
    ゆでる ゆでて身の多いハサミの部分を食べるという人が多い。ゆでるとカニやエビに負けない甘さがあり、非常に美味。漁師さんなどがおやつ代わりに食べていたというのもうなずけそう。
    ミツカドホンヤドカリのみそ汁
    みそ汁 うま味が強いのにイヤミがない。くどくないので食事のときにも大活躍しそうだ。絶品中の絶品。一度味わったらやみつきになる。
    ミツカドホンヤドカリの塩辛
    塩辛 塩辛の王様といった存在。実に味わい豊か。全身をすり鉢などでつぶして塩をして熟成させる。非常に美味で、古代より朝廷に献上されていた理由がわかる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ミツカドホンヤドカリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ