ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミズダコ(North-pacific giant octpus)

学名:Octopus (Enteroctopus) dofleini (Wüker)

ミズダコの形態写真

全長3メートル前後になる世界最大のタコ。胴(頭に見える部分)の表皮は透明感があり、たるむ。足の先が非常に細くなる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属
    外国名
    North-pacific giant octpus
    学名
    Octopus (Enteroctopus) dofleini (Wüker)
    漢字・由来
    漢字 水鮹
    由来・語源 マダコよりも水分が多いため。
    地方名・市場名
    アマダコ、サクラダコ。
    オオダコ。
    雄をシオダコ、雌をマダコ。
    生息域
    海水生。五島列島以北の日本海、駿河湾以北の太平洋。北部太平洋、サハリン、千島列島、カムチャッカ半島、アリューシャン列島、アラスカ湾からカリフォルニア州。土佐湾でもあがっている。
    潮間帯〜水深200メートル。
    生態
    一生に一度だけ産卵する。
    雄が精子の入ったカプセルを雌に受け渡す。
    産卵は秋から冬。
    基本情報
    ミズダコは比較的耳慣れない種名だが、国内で水揚げされる大部分を占めている。
    非常に大型になり、水っぽいと評価の低いタコだったが、最近では食べ方の多様から人気がある。
    またマダコの減少からタコの代表的な加工品である酢だこなども本種が主流。
    マダコ同様にゆでたものも出回っている。
    また軟体部分以外にも卵巣、白子、鰓、烏トンビ(口)などが流通している。
    水産基本情報
    市場での評価 マダコの減少から本種の方が入荷量は多い。活けもあるが、足だけとなったものが多く、歩留まり100パーセントなので人気が高く高値となっている。
    漁法 釣り、カゴ漁、タコ箱
    主な産地 北海道、福島など
    ミズダコの足ミズダコの足
    選び方
    ほとんどが足だけになっている。軽くたたいて動くもので、見た目に透明感のあるもの。
    味わい
    旬ははっきりしない
    マダコよりもやや水分が多いが、その分柔らかい。
    ゆでても硬くならない。
    ミズダコの生殖巣生殖巣、味にコクがあって甘い、茹でてあり切ってそのまま食べられるので人気がある
    ミズダコの卵卵、そのまま皮をやぶって酢の物などにする。プリプリと珍味である
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる(醤油とわさび、酢の物、ガリシア風、)、煮物、しゃぶしゃぶ、生(刺身、マリネー)、たこのみやき
    ミズダコの刺身ゆでる 軽くゆでて食べるのがいちばんうまい。
    塩ゆですること1分から2分。
    そのまま室温であら熱をとる。
    柔らかく真の部分が生の状態で非常に美味。
    ミズダコのしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ
    生を半分凍らせると薄く切ることが出来る。
    これを昆布だしでしゃぶしゃぶにしてもうまい。
    またマリネーも美味。

    好んで食べる地域・名物料理
    タコのライスカレー 北海道西海岸で作られていたもの。肉のかわりにミズダコを使った。
    たこ焼き 島根県浜田市長浜ではミズダコのたこ焼きが作られている。
    加工品・名産品
    酢だこ 主に北海道で作られている。現在、酢だこの多くが本種原料で北海道産。
    煮たこ 塩もみして、塩ゆでしたもの。これを切ると刺身になり、酢の物、すしダネなどになる。
    皮むきたこ イボの部分をのぞいて足(腕)の皮をむいたもの。流通上もっとも一般的なもの。
    ミズダコの酢だこ師走になると市場に並ぶのが赤く着色された酢だこ
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    日本海、茨城沖以北に棲息しているが、ときどき東京湾口の深海から釣れる大形のタコも本種ではないかと思われる。
    最近はマダコよりも本種のほうが市場では幅をきかせている。市場にくるものでも大きなものはゆうに10キロを超え、体長3メートルに達すると言われている。
    ■足を薄くそぎ切りにした刺身はミスダコ料理の定番になっている。マダコのように旨味はないが食感、柔らかさで人気がある。またそれを鍋でしゃぶしゃぶにすると、明らかに生より上。近年では東京などでも居酒屋の定番メニューである。また伝統の味、酢蛸にも最近はミズダコが使われることが多い。その他、茹でた生殖巣、「からすとんび」といわれるくちばし、卵も市場では珍しくない。
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『聞書き 北海道の食事』(農文協)
  • 主食材として「ミズダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ