ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マツバガイ

学名:Cellana nigrolineata (Reeve,1839)

マツバガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻径8cm前後になる。上から見ると団扇型。放射状に褐色の筋がある。非常に大形で褐色の放射状の筋がなく貝殻に波状の放射状の畝があるタイプをウシノツメという。

マツバガイの形態写真

殻径8cm前後になる。上から見ると団扇型。放射状に褐色の筋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    腹足綱前鰓亜綱カサガイ目ヨメガカサガイ亜目ヨメガカサガイ科ヨメガカサガイ属
    外国名
    学名
    Cellana nigrolineata (Reeve,1839)
    漢字・由来
    漢字 松葉貝
    由来・語源 『目八譜』(武蔵石寿著、服部雪斎ほか画 弘化2年[1845])より。貝殻にある筋状帯が松葉を思わせるため。
    地方名・市場名
    オクボ/高知県土佐清水市
    オツボ/愛媛県宇和島市
    カサッカイ/千葉県千倉町白間津でカサガイ類全般
    カタカイ/愛媛県松山市中島
    クボ/高知県幡多郡大月町
    シリタカ/和歌山県串本町古座でカサガイ類全般
    ジンガサ/愛媛県伊方、福岡県柳川市
    バッタラ/兵庫県姫路市家島群島坊勢島
    ヒナタメ/愛媛県伊方町
    ヨメサンガイ/高知県幡多郡大月町西浦・樫ノ浦
    一般に他の生き物(主に貝など)を含めてイソモノ、イソモン(磯物)。
    大型のものをウシノツメ。
    アイカ、アサリ、イシモノ、イボガキ、イワッキバイ、ウシノクラ、オオネブト、オチョンボリ.
    生息域
    房総半島、男鹿半島から九州南部までの潮間帯、磯に棲息する。
    潮間帯の岩礁域に生息。磯などでは比較的目立つ。非常に強く付着しているので剥がすのは大変。
    生態
    潮が満ちたとき、夜間などに微少な植物(海藻)などを求めて、1日に2〜3メートル移動する。
    基本情報
    カサガイはその名の通り笠を伏せたような形をしている。
    国内で食用となっているのはマツバガイ、ベッコウガサ、ヨメガガサの3種。
    海辺の潮間帯や潮間帯上部に普通に見られるもの。
    漁村にとっても換金することはなく、子供や老人が採取するもの。
    春の磯遊び(浜下り)などでとり、海辺でみそ汁の具になる。
    現在でも海辺で細々と利用されており、少ないながら産地周辺で売り買いされている。

    流通する水産物ではなく、磯などで採取するもの。
    古くから磯遊びなどでとって家庭で味覚を楽しむもの。
    海辺などでは磯物ともいう。
    要するに換金できない海産物のひとつ。
    水産基本情報
    市場での評価 ほぼ流通しない。
    漁法 採取
    主な産地
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明
    足は食感が良く、クセがない。
    ワタはやや旨みを感じるが物足りない。
    小石などを噛んでいることがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    酒蒸し、煮る、生食
    マツバガイの酒蒸し
    酒蒸し 酒、塩、少量の水で蒸し煮したもの。軟体は軟らかく、内臓に磯の香りが高い。
    マツバガイの刺身
    刺身 足の部分から内臓を取り除き、よく洗ったもの。食感がよく噛むほどに味が出てくる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/橋本歩(愛媛県八幡浜)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「マツバガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ