ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ホシザメ(英名/Smooth dogfish,Smooth hound,Gummy shark)

学名:Mustelus manazo Bleeker

ホシザメの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長1.5メートル前後になる。細長く、白い星状の斑文が散らばる。第一背鰭と第二背鰭が離れている。背の部分に明瞭な白い斑紋がある。

ホシザメの形態写真

体長1.5メートル前後になる。細長く、白い星状の斑文が散らばる。第一背鰭と第二背鰭が離れている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱軟骨魚綱ネズミザメ上目メジロザメ目ドチザメ科ホシザメ属
    外国名
    英名/Smooth dogfish,Smooth hound,Gummy shark
    学名
    Mustelus manazo Bleeker
    漢字・由来
    漢字 星鮫
    由来・語源 白い星状の斑文が目立つため。
    地方名・市場名
    テッポウ(鉄砲)/愛媛県松山市松山魚市場
    ノウサバ(ノーサバ)/福岡県玄海町。
    ノウクリ/愛媛県伊予市行商
    モダマ/福岡県博多(福岡市)
    ホシブカ/山口県萩市・長門市
    別名、ソウボウシロザメ。
    他にはカノコザメ、コワ、サシサガ、シモフリ(霜降り)、シロブカ、セザメ、タイザメ、チギザメ、ツノジ、ツマグロブカ、、テンスリボウ、トギラ、ノウソ、ノウソウ、ノウソクリ、ノウソブカ、ノウマキ、ノオクリ、ノオクレ、ノオノクリ、ノソ、ハカリザメ、ハカリメ、フカ、ホシ、ホシサガ、ホシノ、ホシノオソ、ホシノクリ、ホシブカ、ホシモダマ、ホシワニ、マナゾ、マノウソ、マブカ、ヨンノコチ、ワニ。
    生息域
    海水魚。沿岸の水深38〜575メートルの砂泥地。浅場に多い。
    北海道全沿岸〜九州の日本海・東シナ海・太平洋。東シナ海〜朝鮮半島東部、渤海、黄海、南シナ海。
    生態
    卵胎生。
    6月〜8月に排卵し、交尾と受精が行われる。
    胎盤は作られない。
    ふ化後、卵黄を吸収しながら成長する。
    その後、子宮乳を摂取して生育、受精後10ヶ月ほどで体長23センチ〜30センチに生育し4月〜5月に出産。
    甲殻類のカニなどを主に餌としている。
    他には魚類、環形動物など。
    基本情報
    もっとも普通に沿岸域で見られる小型のサメ。
    サメのなかでもっとも味がいいと定評がある。
    生きているもの、水揚げされたばかりのものを、湯引きし、鱗を取り、また軽く湯引き。
    さらして辛子酢味噌で食べる。
    西日本では湯引きしたものがスーパーなどで売られている。
    また干ものなどにも加工される。
    水産基本情報
    市場での評価 西日本の市場ではしばしばみかける。都市部では観賞用(飲食店の飾り)として売られている。値段は安い。
    漁法 底曳網、定置網
    主な産地(カレイ類として)
    選び方
    触って硬いもの。星(白い斑文)がくっきりしているもの。
    味わい
    旬は秋から春 ただし夏期もおいしい。
    クセのない身で、旨みに欠ける。
    完全に生で食べるよりも火を通した方が味がよい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    湯引き(ゆざらし)、干物、唐揚げ、フライ
    湯引きして、辛子酢味噌(ぬた)や酢の物にするのがいちばん。
    淡泊で、嫌みのない味わい。
    フライにするよりも、下味をつけて唐揚げにした方がいい。
    干物もクセのない味わいながら旨みに欠ける。
    柑橘酢やコチュジャンなどをつけて食べるのがおすすめ。
    ホシザメの湯ざらし湯引き、湯ざらし
    愛媛県八幡浜で買い求めた、ふかの湯ざらし。頭・内臓を取り去り湯にくぐらせて鱗をたわしでこそげ取り、皮つきのまま切り、冷水にさらす。みがらし(味辛子)という辛子酢味噌をつけて食べる。
    好んで食べる地域・名物料理
    湯引き、湯ざらし 頭部を落とし、内臓を取り去ったものをゆでる。鱗をたわしなどでこそげ取り、皮付きのまま食べやすい大きさに切ったもの。和歌山県、愛媛県など。
    加工品・名産品
    鐘崎数の子(玄海数の子) 福岡県玄海町鐘崎周辺(現宗像市)ではフグの延縄漁でたくさんかかるホシザメ(ノーサバ)を開いてよく乾かす。これを正月などに刻んで水でもどして、調味液につけて料理する。数の子と同じように料理するので、この名がある。
    ふかの湯ざらし 頭部を落とし、内臓を取り去ったものを軽くゆでる。鱗をたわしなどでこそげ取り、皮付きのまま食べやすい大きさに切り、冷水でさらしたもの。「味辛子(みがらし)」という辛子酢味噌をつけて食べる。南予地方では秋祭り、婚礼などに作る皿鉢料理につきもの。愛媛県八幡浜では水と一緒に袋詰めになって辛子酢味噌と一緒に売られていた。
    てつ干し 高知県などで作られる塩味の干物。さっぱりとしてクセのない味わい。
    ノーサバ(ホシザメの数の子)鐘崎数の子(玄海数の子)
    福岡県宗像市で作られる数の子。ホシザメを丸のまま干したものを「ノーサバ」、「ノウサバ」という。これを細かく切って水でもどし、ゆがき、しょうゆ、酒、みりんなどの調味液につけ込んだもの。
    てつ干してつ干し
    高知県高知市で作られる「てつ干し」。さっぱりとしてクセがない。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ヒサメは丸ごと熱湯をかけて皮をはぎ、適度の大きさに切ってゆがきます。 『ふるさとの料理』(神近市子 中央公論社)
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    『福岡県文化百選 味編』(西日本新聞社)、『直伝ふるさと料理 伊予の台所』(愛媛新聞社)
    協力/土佐の博丸 高知市・永野廣さん、昌枝さん 
  • 主食材として「ホシザメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ