ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ブダイ(英名/White-spotted parrotfish)

学名:Calotomus japonicus (Valenciennes)

ブダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長45センチ前後になる。やや側扁する。鱗が大きく目が小さい。成長して雄に性転換し、雄は青い。これを「青ブダイ」とも。大形になると雄に性転換する。写真は性転換する前のメス。これを「赤ブダイ」とも。

ブダイの形態写真

体長45センチ前後になる。やや側扁する。鱗が大きく目が小さい。成長して雄に性転換し、雄は青い。これを「青ブダイ」とも。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科ブダイ属
    外国名
    英名/White-spotted parrotfish
    学名
    Calotomus japonicus (Valenciennes)
    漢字・由来
    漢字 部鯛、不鯛、武鯛、醜鯛、舞鯛
    由来・語源 ブダイは東京、相模湾、伊豆方面の名。
    ■ 海の中でも水槽でもクルリクルリと舞うように泳いでいるため。
    ■ 「武ばった顔つき」から。
    ■ 「不細工」であるから。
    地方名・市場名
    カシカメ/東京都神津島
    イガミ/静岡県沼津市、三重県尾鷲市、和歌山県田辺市・串本町・那智勝浦・新宮市、関西、高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協、九州宮崎県。「啀(いがむ)」とは犬などが歯をむき出して争う様をいう。この魚、釣り上げると歯がむき出しになり啀のだ。
    イガメ/静岡県沼津市、和歌山や関西、九州宮崎県。由来などは「イガミ」と同じ。
    エガミ/徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』。由来などは「イガミ」と同じ。
    エガメ/静岡県沼津市、和歌山や関西、九州宮崎県。由来などは「イガミ」と同じ。
    ゴンタ(権太)/徳島県阿南市椿泊(椿泊漁業協同組合)。義経千本桜の“いがみの権太”から。
    テスノジョウ(てすの上)/徳島県阿南市椿泊(椿泊漁業協同組合)。でイラは「てすの下」。
    バンド/愛媛県宇和郡愛南町
    モハメ/鹿児島県南さつま市笠沙
    アカエラブチャー、アカブダイ、イカミ、イソダイ、イラブチ、ウシ、エラブチ、オオガン、カシカメ、クズナ、サザエワリ(栄螺割)、トネ、ハチウオ、バンド、モハミ(藻食み)、モハン。
    生息域
    海水魚。浅い藻場、砂礫地。
    千葉県外房〜九州南岸の太平洋沿岸、山陰〜九州北岸・西岸、伊豆諸島、小笠原、伊予灘、奄美大島、南大東島。
    生態
    ■ 産卵期は夏。
    ■ 性転換をする。子供の頃から雄で、雄として成熟する一次雄。子供の頃は雌で大きくなって雌に性転換する二次雄がある。
    ■ 夏には石灰藻、甲殻類や低生動物を食べ、冬には海藻を主に食べている。
    基本情報
    温暖な地域では食用魚として馴染み深いもの。あまりたくさんとれないので流通上での知名度は低い。
    旬は海藻を食べる冬。産地では刺身はもちろん鍋物などにして親しまれている。
    また伊豆半島、伊豆諸島での開き干しは有名。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。活魚はやや高値となるが、野締めなどの値は安い。
    漁法 定置網、釣り
    主な産地
    選び方
    味わい
    旬は海藻を食べる冬
    暖かい時期のものはときに磯臭さがある。寒い時期には臭みがない。
    鱗は薄く柔らかく非常に大きい。皮は厚く、ゼラチン質。骨はあまり硬くない。
    上質の少し赤みがかった白身で熱を通しても硬く締まらない。
    煮ていいだしが出る。皮や骨にゼラチン質が多く、冷めると煮こごる。
    ブダイの切り身上質の白身でほどよく繊維質で熱を通しても硬く締まらない。皮は厚くゼラチン質を含む。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(ちり鍋、ちげ鍋、しょう油仕立て鍋、みそ汁、潮汁、しょう油仕立て汁)、煮る(煮つけ)、ソテー(バター焼き、オリーブオイル焼き、ムニエルなど)、蒸しもの(清蒸、酒蒸し)、揚げる(天ぷら、唐揚げ)、刺身(焼き霜造り、たたき)、焼く(塩焼き、干もの)
    ブダイの鍋ブダイの鍋 鍋物材料としてはとても優れている。煮ると鶏肉のようにしまる。基本的には昆布だしで、醤油を使わないちりがいいと思う。ただ韓国風のちげ、しょう油仕立てなどどのように変化をさせても美味。
    ブダイの汁ブダイのみそ汁 鍋と同じ事で、汁物は美味。とくにみそ仕立てで普段のものとして利用したい。
    ブダイのバター焼きブダイのバター焼き さっぱりして、淡泊な味なので、バターとの相性がいい。またオリーブオイルや中華風に炒めても美味。オイスターソース、醤油などでこくを出すのも面白いと思う。
    ブダイの清蒸(中華風蒸しもの)清蒸(ちんじょん) 蒸して、魚醤、醤油などを合わせたタレをかけ、熱したピーナッツオイルをかけ回したものを、清蒸(ちんじょん)という。これが美味。また酒蒸しなどにも向いている。
    ブダイの昆布締めブダイの昆布締め 三枚に下ろして皮を引き刺身に切りつけてから昆布に挟み、約半時間ほどしめたもの。
    ブダイの刺身ブダイの刺身 寒の時期の刺身は甘味があって美味しい。
    ブダイの焼き霜造りブダイの焼霜造り 身は上品であるが味わいに欠ける。皮が硬いのが難点ではあるが焼霜造りにするとより味わい深い。
    ブダイの天ぷらブダイの天ぷら 一般的な薄い衣のものより、沖縄や長崎の厚い味がついた衣をつけて揚げて美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    えがみの煮つけ スーパーや道の駅などでぶつ切りを売っている。これは煮つけ用である。[徳島県海部郡海陽町宍喰、高知県東洋町白浜]
    いがみの煮つけブダイの煮つけ 和歌山県田辺市では正月に「いがみの煮つけ」を食べる。特に煮こごりを好んで食べる。[かんてき 和歌山県田辺市]
    加工品・名産品
    開き干し 東京都伊豆大島、伊豆半島などで作られている。白身の美味しさが端的にわかる。
    ブダイひものブダイひもの ブダイを開いて塩をして干したもの。[伊豆大島海産物センター 東京都伊豆大島]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/沼津市菊地利雄
    『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「ブダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ