ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ビゼンクラゲ(英名/Jelly fish)

学名:Rhopilema esculenta Kishinouye, 1891

代表的な呼び名クラゲ

ビゼンクラゲの形態写真

鉢の直径が1メートル前後になる。一般的なクラゲ型で赤味を帯びている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    刺胞動物門鉢虫綱根口クラゲ目ビゼンクラゲ科ビゼンクラゲ属
    外国名
    英名/Jelly fish
    学名
    Rhopilema esculenta Kishinouye, 1891
    漢字・由来
    漢字 備前水母
    由来・語源 備前(現岡山県)児島湾でとれたため。
    地方名・市場名
    有明海周辺ではアカクラゲ(赤水母)。
    生息域
    海水生。瀬戸内海、有明海。朝鮮半島、中国沿岸。
    生態
    基本情報
    食用となるクラゲは総てが根口クラゲ目に属している。
    生では食べられないもので、ミョウバンと塩で漬け込んだものを利用する。
    主に中国でたくさんとれ、加工されている。
    国内では古くは瀬戸内海、有明海周辺で漁獲し、加工していた。
    ただ現在も漁業を継続しているのは有明海のみ。

    ビゼンクラゲは奈良時代には朝廷に献上されていた。
    有明海では春に小型のものが現れ、8月に漁の最盛期を迎える。
    網ですくい、浜などで塩漬けにする。
    有明海では色合いからアカクラゲ、独特の歯触りを楽しむ。
    水産基本情報
    市場での評価 ほぼ総てが有明海周辺で取引される。また中国産は塩漬け加工したものが年中流通し安い。
    漁法 すくい網
    産地 佐賀県
    選び方
    赤いもので、寒天質でしっかり形をなしているもの。
    味わい
    塩漬けなので旬はない。
    漁期は夏。
    寒天質で旨みや脂はなったくない。
    こりこりとした食感を楽しむもの。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 もどして酢の物、サラダ
    ほとんどが塩抜き、もどして酢の物に使われる。
    また中華では炒め物にも。
    きざみくらげ
    塩抜きして酢の物に。
    好んで食べる地域・名物料理
    福岡県柳川
    加工品・名産品
    きざみくらげ(塩漬け)/佐賀県、福岡県。ミョウバンと塩で漬け込んだもの。刻んで袋詰めになる。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「ビゼンクラゲ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ