ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒロメ

学名:Undaria undariodes (Yendo) Okamyura

ヒロメの形態写真

1メートル前後になる。葉は平面的で広い。ワカメのように端が分かれない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱コンブ目チガイソ科ワカメ属
    外国名
    学名
    Undaria undariodes (Yendo) Okamyura
    漢字・由来
    漢字 比呂米、広布
    由来・語源 葉が広い海藻の意味。
    地方名・市場名
    千葉県富浦町でオオッパ、オオバワカメ(大葉若布)。
    和歌山県田辺市でヒトハメ。
    徳島県海部郡海陽町宍喰町でアンロク。
    生息域
    海水生。漸深帯の岩の上。
    太平洋岸中部(千葉県)〜和歌山県。
    生態
    基本情報
    ワカメと比べるとローカルな海藻である。
    関東では千葉県では館山市、南房総市などの狭い地域で見かけることがある。
    食用としていることを確認しているのは千葉県、三重県、和歌山県、徳島県、大分県など。
    千葉県、三重県では生でも食べる他、乾燥させて周年販売されている。
    また徳島県などでは春の味覚。
    味のよさから、近年、尾鷲栽培漁業センター、和歌山県田辺市などでは養殖が試みられている。
    徐々に一般的な流通が始まる可能性が高まっている。
    水産基本情報
    市場での評価 全国的には流通しない。地域限定の味わい。比較的安い。
    漁法 船からの採取
    産地 千葉県、和歌山県など
    選び方
    黒緑色で、その色合いの濃いもの。藻体のしっかり硬いもの。
    味わい
    旬は生は冬から春。
    干した物は周年。
    非常にワカメに近い味わい。
    ほどよい硬さで、旨みもある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法生/ゆでる(たたく)、汁(吸いもの、しゃぶしゃぶ)、煮る
    乾燥品/戻してみそ汁、煮もの
    ゆでる◆生は湯通しして、細かくたたいて食べると実に味がいい。海藻の持つうま味が堪能でき、ご飯がすすむ。ただしアカモクやワカメのメカブと比べると味は淡泊である。
    汁◆熱を通すと鮮やかな緑になるのでしゃぶしゃぶや吸いものにしていい。みそ汁も美味しい。
    煮る◆あっさりと煮て漬け地などにひたしてもいいし、カサゴなどと煮つけても美味しい。また竹の子やゼンマイ、ジャガイモなどと煮ても美味しい。
    ゆでる◆生は湯通しして、細かくたたいて食べると実に味がいい。海藻の持つうま味が堪能でき、ご飯がすすむ。ただしアカモクやワカメのメカブと比べると味は淡泊である。
    ヒロメの汁汁◆熱を通すと鮮やかな緑になるのでしゃぶしゃぶや吸いものにしていい。みそ汁も美味しい。
    「ががねとあんろくの煮もの」(徳島県海部郡海陽町宍喰町)。煮る◆あっさりと煮て漬け地などにひたしてもいいし、カサゴなどと煮つけても美味しい。
    好んで食べる地域・名物料理
    ■徳島県海部郡海陽町宍喰町ではゼンマイ、タケノコ、ガガネ(カサゴ)の煮る。[長尾桂一郎さん]
    加工品・名産品
    紀州 ひろめ●乾燥ヒロメ。水でもどしてみそ汁や和え物に利用する。[石原商店 三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島]
    砂干し●砂干しにして束ねて売る。[千葉県富浦町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    養殖●千葉県、三重県、和歌山県などで養殖が試みられている。
    参考文献・協力
    協力/高山さん 千葉県富浦町、宍喰漁業協同組合 徳島県海部郡海陽町宍喰町
    千葉県立中央博物館海の博物館 菊地則雄
  • 主食材として「ヒロメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ