ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒトエグサ(英名/Green laver)

学名:Monostroma nitidum Wittrock

代表的な呼び名アオノリ

ヒトエグサの形態写真

大きさ4〜10センチ。細胞がひとえにに並ぶ。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界緑藻植物門緑藻綱アオサ目ヒトエグサ科ヒトエグサ属
    外国名
    英名/Green laver
    学名
    Monostroma nitidum Wittrock
    漢字・由来
    漢字 一重草。
    由来・語源 1層の細胞で藻体ができている。
    地方名・市場名
    沖縄で、アーサー、アーサ。
    アオサ。
    生息域
    海水生。太平洋岸中南部、九州、西南諸島。
    生態
    1層の細胞からできている。
    繁茂するのは冬から春。
    成熟期は春。
    細胞内に雌雄配偶子ができる。
    これらが泳ぎだして接合、岩などに着く。
    接合子は細胞分裂を起こさず、夏を過ごす。
    秋になると内容が分裂してたくさんの遊走子ができる。
    遊走子は泳ぎだして岩などにつき、藻体になる。
    基本情報
    アオノリ類総論
    アオノリは一種類の海藻のことではなく、生産量ではヒトエグサを筆頭として、別の科のアオサ類も含んでいる。
    緑藻であって、ノリの形状をしていて食用となるもの総てをさしている。
    代表的なものはヒトエグサ科のヒトエグサ、ヒロハノヒトエグサ、アオサ科のアナアオサ、スジアオノリなど。
    ヒロハノヒトエグサは養殖もされており、スジアオノリはアオノリとしては高級なもの。
    他にも本来硬くて食用には向かないとされていた、アナアオサなども利用されるようになった。
    生でも流通するが、干したり、ふりかけや佃煮になって売り買いされるものの方が多い。

    天然もので外洋などにあるものは本種、養殖ものの多くはヒロハノヒトエグサと考えてもいい。
    流通量はヒロハノヒトエグサと比べて少なく、比較的ローカルなもの。
    長崎県や沖縄ではアーサなどで好んで食べられている。
    水産基本情報
    市場での評価 生をパック詰めして流通する。やや高値。バラ干し、板状になったものは高級品である。
    漁法 採取
    産地 長崎県
    選び方
    乾燥品はしめっていないもの。色合いが青く、退色していないもの。
    味わい
    旬は冬から春。
    柔らかく、香りが高い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁(みそ汁)、天ぷら、酢の物
    みそ汁に入れると青さが増し香り立つ。
    味よりも香りを楽しむもの。
    天ぷらにしても、表面は香ばしく、ちゃんと海藻の風味があり、旨みも充実している。
    他には乾燥品は戻し、生は湯通しして酢の物にする。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「ヒトエグサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ