ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒゼンクラゲ(英名/Jelly fish)

学名:Rhopilema hisphidum(Vanhöffen, 1888)

代表的な呼び名シロクラゲ

ヒゼンクラゲの形態写真

ばらばらの状態で入荷してくる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    刺胞動物門鉢虫綱根口クラゲ目ビゼンクラゲ科ビゼンクラゲ属
    外国名
    英名/Jelly fish
    学名
    Rhopilema hisphidum(Vanhöffen, 1888)
    漢字・由来
    漢字 肥前水母
    由来・語源 不明
    地方名・市場名
    有明海周辺ではシロクラゲ(白水母)。
    生息域
    海水生。有明海。中国沿岸。
    生態
    基本情報
    国内では有明海でほそぼそと漁業が行われている。
    ビゼンクラゲをアカクラゲ、ヒゼンクラゲは白いのでシロクラゲと呼び分けられている。
    ビゼンクラゲよりも少なく、塩漬けとなって有明海周辺でのみ流通する。
    水産基本情報
    市場での評価 ほぼ総てが有明海周辺で取引される。やや高値。
    漁法 すくい網
    産地 佐賀県
    選び方
    塩漬けなので、寒天質の身がしっかりしているもの。
    味わい
    旬はなし。
    漁期は夏。
    寒天質で食感を楽しむ物。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 もどして酢の物、サラダ
    ほとんどが塩抜き、もどして酢の物に使われる。
    また中華では炒め物にも。
    有明海周辺での流通形態。
    酢のもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    福岡県柳川市
    加工品・名産品
    塩漬け/ミョウバンと塩で漬け込んだもの。適当に切り、袋詰めに。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヒゼンクラゲ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ