ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒオドシ(Red scorpionfish)

学名:Pontinus macrocephalus(Sauvage,1882)

ヒオドシの形態写真

体長40センチ近くになる。紡錘形で体の中央部がいちばん体高がある。眼上皮弁が長く伸びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科ヒオドシ属
    外国名
    Red scorpionfish
    学名
    Pontinus macrocephalus(Sauvage,1882)
    漢字・由来
    漢字 緋縅
    由来・語源 「緋縅」とは甲冑などの革と革を結び合わせたもの。または赤い紐のようなもので、目上皮がそのように見えるため。
    地方名・市場名
    沖縄でフコーアファー。
    生息域
    海水魚。東京以南。パラオ、インドネシア南部、ハワイ諸島。
    大陸棚周辺、海山。
    生態
    基本情報
    暖かい海域にいるやや大型のカサゴで目立つ姿をしているが、まとまってとれない。
    流通にのることもあまりなく、主に産地などで消費されるもの。
    けっして味のいい魚ではないので産地では値段が安く、大きくて姿がよければ値をつける関東などでは高値となる。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では入荷は希。高い。
    漁法 底引き網、釣り
    産地 静岡県、鹿児島県
    選び方
    張りがあり、眼が澄んでいるもの。赤みの強いもの。古くなると退色する。
    味わい
    旬は秋から冬
    鱗は柔らかく取りやすく、皮はしっかりしている。骨は柔らかく下ろしやすい。
    身は水分が多く、繊維が細かく、つぶすとだんご状になる。
    骨、あらなどからはいい出しが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ムニエル、汁(みそ汁、潮汁)、刺身(焼霜、皮霜)
    ムニエル 淡泊でやや味わいに欠ける。それをバターで補って美味。
    ヒオドシの汁
    みそ汁がいちばん。塩味で潮汁もいいが、少々物足りない。
    ヒオドシの刺身刺身
    皮を引くとうま味に欠ける。皮をつかってそれでもそれほどうまくない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ヒオドシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ