ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハリセンボン(Freckled porcupinefish)

学名:Diodon holocanthus Linnaeus, 1758

ハリセンボンの形態写真

体長30cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハリセンボン科ハリセンボン属
    外国名
    Freckled porcupinefish
    学名
    Diodon holocanthus Linnaeus, 1758
    漢字・由来
    漢字 針千本
    由来・語源 倉場富三郎(1870-1945)の命名。倉場富三郎は田中茂穂よりも7歳年上であり、両者の関係などは不明。田中茂穂は神奈川県三崎での呼び名からとしている。
    地方名・市場名
    沖縄でアバサー。
    また沖縄各地でアバストト、イノーアバサー、シトウトウトウ。
    イガフグ、イバラフグ、コンペ、チョウチンフグ、トーアバター、バラフグ、バラフクト、ハリフグ。
    生息域
    海水魚。浅場の岩礁域サンゴ礁域。
    北海道〜九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、瀬戸内海には少ない。朝鮮半島南岸、済州島、台湾南部、広東省、海南島、世界中の熱帯〜温帯域。
    生態
    基本情報
    日本海沿岸などではしばしば浜に漂着して話題になる。
    食用として重要なのは主に沖縄県。
    肝を食べるのは原則的に不可だが、この肝を入れたアバサー汁は名物となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では流通しない。
    漁法 定置網
    産地 沖縄県
    選び方
    粘液が透明でサラサラしているもの。色合いが明瞭であるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は不明
    鱗は針のようで触るとチクチクするが刺さることは少ない。皮は非常に厚く、この皮を剥がして利用する。
    筋肉は非常に少ない。
    ●厚生労働省では肝は食用不可としているが理由は不明。この厚生労働省のやり方には問題があると考えている。早急に厚生労働省は食用不可として理由を公表すべきだと思う。沖縄県では肝の無毒を検査して証明している。このあたり国もしっかり検査して発表すべき。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、ちり鍋)、唐揚げ、焼く(塩焼き)
    ハリセンボンのみそ汁ハリセンボンのみそ汁
    皮を剥き、ぶつ切りにして水から煮出して、みそを溶く。沖縄では肝を入れる。非常に濃厚な出しが出て美味。鍋ものにしても美味しい。
    ハリセンボンの唐揚げハリセンボンの唐揚げ
    歩留まりが悪いので材料を集めるのは大変ではあるが、唐揚げにすると身が締まって、この身に甘みがあって美味しい。
    焼く 振り塩を焼くだけでも美味しい。締まるが繊維質で口の中で適度にほぐれるので鶏肉を思わせる。
    好んで食べる地域・名物料理
    あばさー汁 「あばさー(ハリセンボン)」の皮を剥き、ぶつ切りにして水から煮る。ここにつぶした肝を入れてみそを溶く。沖縄野菜の「ふーちばー(ヨモギ)」か長命草(ボタンボウフウ)を散らす。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    魔除け 八日吹きといって正月8日は海が荒れる日であるとされ、針千本などが浜に打ち上げられる。これを拾って門口に吊し魔除けにする。鳥取県(注気高町船磯では針千本の打ち上げられるのは節分であるとしている、また12月8日であるという地域も多い)
    参考文献・協力
    『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ハリセンボン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ