ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハナゴンドウ(Risso's dolphin)

学名:Grampus Griseus

登録画像は現在ありません

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    脊椎動物門ほ乳綱クジラ目歯クジラ亜目マッコウクジラ科ハナゴンドウ属
    外国名
    Risso's dolphin
    学名
    Grampus Griseus
    漢字・由来
    漢字 花巨頭、花五島
    由来・語源 ゴンドウクジラの仲間で、成長するにしたがい身体に白いひっかき傷が無数に出来。これが花のように見えるため。
    ゴンドウクジラ
    「ごんどう」=「五島」のことで、「肥前國、五島ノ海に多きゆえ」(『大言海』)
    「ごんどう」=「巨頭」のことで頭の大きいクジラの意味。
    クジラ
    「口広(くちひろ)」のことで、「くちひろ」→「くちら」→「くぢら」となる。
    クジラの身体が黒い部分と白い部分があり、「黒(く)」と「白(しろ)」で「くろしろ」→「くしろ」→「くじら」となった。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。世界中の熱帯・温帯域。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ハナゴンドウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ