ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ノコギリダイ(英名/Striped large-eye bream,Gold-lined sea-beam)

学名:Gnathodentex aureolineatus (Lacepède)

ノコギリダイの形態写真

体長30センチ前後になる。側扁(左右に平たく)、目が大きい。目の後ろで方の部分が盛り上がる。背中は黄土色で白く細い帯が縦に走る。腹側は白く、黄土色の筋が縦に走る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科ノコギリダイ属
    外国名
    英名/Striped large-eye bream,Gold-lined sea-beam
    学名
    Gnathodentex aureolineatus (Lacepède)
    漢字・由来
    漢字 鋸鯛
    由来・語源 不明。
    地方名・市場名
    沖縄本島、八重山でムチグヮー。
    沖縄宮古島でミッフサビ。
    鳩間島では、ノコギリ ダイは、粘り気のある食感からムチ・イズ(餅・魚)とよばれている。このように、魚の 内臓や肉の質の状態を命名の指標とする場合もある。(高橋そよ)
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域・サンゴ礁域。
    小笠原諸島、男女群島、屋久島、琉球列島、南大東島。八丈島、火山列島、茨城県、伊豆半島東岸、三重県紀伊長島、和歌山県串本、高知県柏島、愛媛県室手。台湾南部、東沙群島、西沙群島、南沙群島、インド-太平洋域。
    生態
    基本情報
    熱帯では重要な食用魚。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では一定の評価はない。安い。残念。
    主な漁法
    産地 小笠原
    選び方
    鰭や唇の赤が鮮やかなもの。筋がはっきりしているもの。触って硬いもの。
    味わい
    旬は不明。
    白身でしまっている。
    まったくクセがない。
    旨みはあるが往々にして脂は感じられない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 バター焼き、刺身、フライ、ムニエル、塩焼き
    淡泊なので油やにんにくなどがあると生きてくる。
    バターで焼き、ニンニク風味をつけてうまい。
    刺身は思った以上にうまい。
    フライ、ムニエルにも最適ではないか。
    塩焼きにしても美味。
    血合いが少なく、透明感のある身はなんだかそっけない。が、意外に食べて旨みを感じる。
    ノコギリダイの塩焼き塩焼き。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『沖縄県、八重山地方における生態と世界観に関する文化人類学的研究』(山田貴子 京都大学図書館)
  • 主食材として「ノコギリダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ