ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニベ(英名/Blue drum,Honnibe croaker, Ninea croaker)

学名:Nibea mitsukurii(Jordan and Snyder)

ニベの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
50cm前後になる。吻(口の先)は短い。側線上に背鰭に向かって斜めに規則正しく走る褐色の斑紋がある。側線上に背鰭に向かって斜めに規則正しく走る褐色の斑紋がある。

ニベの形態写真

50cm前後になる。吻(口の先)は短い。側線上に背鰭に向かって斜めに規則正しく走る褐色の斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ニベ科ニベ属
    外国名
    英名/Blue drum,Honnibe croaker, Ninea croaker
    学名
    Nibea mitsukurii(Jordan and Snyder)
    漢字・由来
    漢字 鮸、鰾膠。
    由来・語源 東京、和歌山県田辺、三重県二木島(熊野市)での呼び名。鰾(浮き袋)を「へ」と呼び、「に」は「煮る」こと。浮き袋を煮て「膠(にかわ)」をとったため。
    地方名・市場名
    イシモチ/関東ではシログチとともに。
    ■ 「アカグチ(赤ぐち)」
    ■ 「クログチ(黒ぐち)」、「カワイシモチ」。
    ■ 「グチ」、「コワイシモチ」、「クチ」、「ハグチ」。
    アカグチ、クチ、グチ、クログチ、コイチ、コケブカ、コチ、コワイシモチ、シラグチ、ヌベ、ハブチ。
    イシモチの由来石持 ニベ科の魚の頭部には比較的大きな耳石がある。頭部などを割っているとこれが包丁にあたるので、古来から「頭部に石を持つ魚」で「石持ち」と呼ぶ地域が多い。関東のイシモチやコワイシモチなどもその例。
    生息域
    海水魚。近海の浅い泥底。
    新潟県〜島根県・東北三陸地方・瀬戸内海(少ない)、仙台湾〜九州南岸の太平洋沿岸。朝鮮半島南西岸、済州島。
    生態
    ■ 産卵期は4月か9月。
    ■ 外洋に面した浅い砂地に生息する。
    ■ 砂泥地にいる環形動物や甲殻類、小魚などをエサとする。
    ■ 浮き袋を使ってグーグーと鳴く。
    基本情報
    シログチが内湾に多いのに対して、外洋に面した浅場にいる。
    鮮魚としてシログチとともに入荷量の多いもの。
    一般には塩焼き用の魚とされる。
    水産基本情報
    市場での評価 塩焼き用の魚として需要のあるもの。値段は安い。
    漁法 底曳き網
    選び方
    触って硬いもの。目が澄んで黒いもの。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は夏(?)
    白身でしまっている。
    まったくクセがなく、皮目に独特の風味と旨みがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)、生食(焼霜造り)
    ニベの塩焼きニベの塩焼き 大振りだったので、頭部を落として二枚に下ろし、前半分を塩焼きにした。なによりもいいのは皮目の風味だろう。川魚でもない海の魚でもない独特の野性味のある香りがする。身はふっくらとして甘味があるのもいい。
    ニベのムニエルニベのムニエル 三枚に下ろして血合い骨を抜く。塩コショウして小麦粉をまぶして、最初は油でかりっとソテー。仕上げにバターを加えて風味をつける。皮がかりっと香ばしく上がり、実に味がいい。
    ニベの焼霜造りニベの焼霜造り 三枚に下ろして血合い骨を抜き、皮目をあぶって冷やし(冷蔵庫の急速冷凍などを使うといい)、切りつけたもの。皮目にうま味があってクセのない身でとてもうまい。
    ニベの煮つけニベの煮つけ 上質の白身で煮ても硬く締まらず、身離れがいい。身は甘味があり、ほどよく繊維質でしょうゆ味に負けない味わい。
    ニベのみそ汁ニベのみそ汁 あらを湯通しし、残った鱗や汚れを洗い流す。これを昆布だしで煮てみそを溶いたもの。実にうまいだしが出ておいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    外洋に面した砂浜などから投げ釣りでねらう。投げ釣りのしかけにエサはイソメ類。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 「にべもない」の「にべ」はニベ科の浮き袋からとった膠である「鰾膠(にべ)」の粘着力が強いことからきている。「鰾膠」の強い粘着力を愛嬌、もしくは親しみの安さとと変わり。「にべもない」は粘着力の薄い、すなわち愛嬌、愛想もなくと言う意味合いになった。
    ■ すり身原料(練り製品の原料)として重要。高級とされる。
    ■ 関東を中心に各地で頭部にある耳石が硬いので「石持」と呼ぶ。
    ■ 「イシモチ」呼ばれるのはニベとシログチ。
    ■ 韓国などでは珍重して、干して調味料。食材として利用する。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『魚の分類の図鑑』上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局)
  • 主食材として「ニベ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ