ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニセタカサゴ(Goldeb-banded fusilier)

学名:Pterocaesio marri Schultz,1953

ニセタカサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30cm前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。体長30cm前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。

ニセタカサゴの形態写真

体長30cm前後になる。体側に2本、もしくは1本(背鰭に近いところのは不明瞭であることも多い)の褐色の縦縞がある。尾鰭先端に黒い斑紋がある。側線は中央部分を走る褐色の縦縞に沿ってある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科クマササハナムロ属
    外国名
    Goldeb-banded fusilier
    学名
    Pterocaesio marri Schultz,1953
    漢字・由来
    漢字 偽高砂。
    由来・語源 タカサゴに似て別種の意味。「たかさご」は東京、小田原での呼び名。“たか”は漁村用語で岩礁のこと、“さご”は「細魚」、「小魚」のこと。「岩礁帯にすむ小魚」の意味。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域・サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸島、相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、宮崎県南郷、琉球列島。
    台湾南部、インド-西太平洋、サモア諸島、マルケサス諸島。
    生態
    基本情報
    九州・長崎からの入荷が多く、関東では知名度の高いグルクン(タカサゴ)と混同して扱われている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は多くはない。やや高い。
    漁法 定置網
    産地 長崎県
    選び方
    触って張りのあるもの。赤やコバルトイエローの鮮やかなもの。
    味わい
    旬は夏。
    鱗は細かくやや硬いが取りやすい。
    白身で血合いの色は濃い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 唐揚げ、バター焼き、塩焼き
    ニセタカサゴの唐揚げ唐揚げ 小骨がないので丸のまま揚げて、そのまま食べられる。香ばしく独特の風味があって美味。
    ニセタカサゴのバター焼きバター焼き 丸のままバターで香ばしくソテーする。沖縄の郷土料理が「バター焼き」。ご飯のおかずにもなり、美味。
    ニセタカサゴの塩焼き塩焼き 淡泊ながら皮目などに独特の風味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ニセタカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ