ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニシキエビ(Ornate spiny lobster)

学名:Panulirus ornatus (Fabricius.1798)

ニシキエビの形態写真

体長55センチを超えるイセエビの中でも超大型種。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属
    外国名
    Ornate spiny lobster
    学名
    Panulirus ornatus (Fabricius.1798)
    漢字・由来
    漢字 錦蝦、錦海老。
    由来・語源 錦のように文様が派手で色合いが多彩。
    地方名・市場名
    沖縄ではトライビ。
    生息域
    海水生。南紀、九州などでまれにとれる。紅海、ミナミアフリカ、東南アジア、台湾、ポリネシア。
    浅いサンゴ礁域。
    生態
    基本情報
    国産よりも輸入ものの方が多い。
    東南アジアなどから少ないながら輸入され、ホテルなどで利用されている。
    味はイセエビなどよりも劣るが巨大で見栄えがするので人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 輸入物がほとんど。高価。
    漁法 不明
    産地 ベトナムほか
    選び方
    原則的に生きているもの。
    冷凍ものは品質が安定している。
    味わい
    旬は不明
    殻は硬く、身は詰まっていて歩留まりがよい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    みそ汁、ゆでる
    伝統料理 鬼がら焼き(つけ焼き)、具足煮(煮つけ)
    イセエビと同じように利用される。
    ゆでても、蒸してもやや旨みに欠ける。
    むしろみそ汁などにして美味。
    具足煮などにも向いている。
    蒸したニシキエビ
    ニシキエビを蒸したもの
    好んで食べる地域・名物料理
    沖縄
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ニシキエビの基本
    ■熱帯のエビ。
    ■輸入エビでも高価だ。
    ■非常に大型になる。
    市場での評価・取り扱われ方
    関東の市場では冷凍輸入したものをときどき見かける。生・活けは非常に希。値段は高く、安定している
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『沖縄食材図鑑』(NPO法人 食の風 楽園計画)
  • 主食材として「ニシキエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ