ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

トゲクロザコエビ

学名:Argis toyamaensis (Yokoya,1933)

トゲクロザコエビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)

トゲクロザコエビの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目コエビ下目エビジャコ上科エビジャコ科クロザコエビ属
    外国名
    学名
    Argis toyamaensis (Yokoya,1933)
    漢字・由来
    漢字 黒雑魚蝦
    地方名・市場名
    秋田県、山形県酒田市、鶴岡市でガサエビ。
    新潟県上越市ではドロエビ(泥蝦)。
    ガラエビ、ガスエビ。
    生息域
    海水生。日本海。
    生態
    基本情報
    クロザコエビと一緒にとれるもの。
    ただし量的には少ない。
    用途は同じで生でも食べられるが、評価はクロザコエビよりも低い。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身/ゆでエビ/唐揚げ/焼きえび/みそ汁
    トゲクロザコエビの刺身刺身は甘えび(ホッコクアカエビ)よりも身がしっかりしていて、しかも甘味旨味も申し分がない。この見てくれの悪さは逆に面白味になる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■日本海の沿岸で、よく見かけた。北に行くたびに「がらえび」、「がすえび」、「がさえび」と名前が変わる。そして写真のものは新潟県上越市の片岡鮮魚店から送っていただいたが、当地では「どろえび」と呼ばれている。
    ■本種に近縁のクロザコエビというエビがいるが非常に形態的に似ている。本種のほうが水深の深い場所に棲み、やや北方系であるよう。漁期は3月終わりから4月いっぱいくらいまでではないか? 目立たないが日本海を代表するエビのひとつである。
    ■金沢でも、新潟、秋田でも魚屋や市場に寄るたびに、「見た目は悪いがうまいよ」がこのエビにかかる枕である。当地では気軽に殻を剥き食べさせてくれた。これが「甘えび」などよりも味が深く、うまいではないか。身の殻ばなれが悪いのがたまに傷であるが。また今回、焼く茹でるなど熱を通すとエビというよりカニに近い。
    参考文献・協力
    協力/駒井智幸、上越市片岡鮮魚店
  • 主食材として「トゲクロザコエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ